第68回 富士登山競走の完走率は53.7%
山頂コースの苛酷さがよくわかる

先日行われた、富士登山競走の完走証が送られてきました。
2015-09-30-09.04.05
参考記事:第68回 富士登山競走(5合目コース) 初参加してきました!

上位30%に入るか入らないかといった感じ。フルマラソンならサブ4ぐらいかしら。

見ると、馬返しから先で40人近くに抜かされてる・・・
ポキっと心が折れて歩き出してからはグダグダだったなあ。

ちなみに、記録集の上位選手はというと、

5合目コース
優勝タイム:1:24:27

山頂コース
優勝タイム:2:45:56

はっや~。

富士登山競走は制限時間に間に合わずリタイアとなる選手が多数います。完走率を比較してみると、
1006

完走率
五合目コース:98.1%
山頂コース:53.7%

山頂コースになると完走率は半減します。山頂コースに出るためには、3年以内に五合目コースで2時間半を切ることが条件なので、皆さんそれなりに脚力はあるはず。それでも50%しかゴールできないってどんだけ過酷なんだ。

この写真のなかの半分がDNFですよ。。
2015-07-24-06.45.53

ちなみに、2014年は完走率43.6%だそうで今年はこれでもマシみたい。

大会で耳にしたのが、2時間一桁(00分~09分)台で五合目を通過する選手は完走率が高いそうです。その条件なら僕はかろうじて圏内ですが、5合目ですべて出し切っての2時間6分なので、そっから山頂まで走れる気がまったくしません。

来年は山頂コースに挑戦するつもりですが、やるからには絶対完走!
富士山まで行って頂上を踏めないなんて辛すぎますから。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)