シューズ紹介 -アシックス スカイセンサーグライド(SKYSENSOR GLIDE)-

レース専用シューズにと昨年末に買ってあったスカイセンサー。
東京マラソン2014で使うつもりが、腸脛靭帯炎のため使えずじまい。
満を持してかすみがうらマラソンで投入、サブ3.5へ導いてくれたシューズです。

DSCN0588

スピードアップを目指すランナーへ。軽くなめらかなライド感を。
・中足部の接地面積を広く設定し、安定性を高めたフラットソールを採用。
・つま先部まで伸びたプレートが反発性を高め、優れた走行効率を実現。
・アッパー中足部外側の補強がホールド性を発揮。前足部を締めつけ過ぎないことで長距離トレーニングにも対応。

引用:アシックス公式サイト

このシューズとにかく軽い。今まで履いてきたシューズの中でも1番です。
サイズ:25.5cm、重さ:167g
DSCN0592

特徴はフラットソールで、着地面積が広くて安定感抜群。フラットソール部分に細いプラスチックが入っていて反発力を高めています。ゲルフェザーのレーシングモデルといった感じ。
DSCN0589

腸脛靭帯炎になってから、フラット着地に変更してペタペタ走るフォームにしました。そんなわけでこのスカイセンサーはうってつけ。軽いですがクッション性もそこそこあります。このシューズでヒールからもろに着地するような走り方はしないのでその点は大丈夫でしょう。
DSCN0587

重いシューズだと30㎞過ぎでズッシリきますが、スカイセンサーは軽さと反発力のおかげでけっこういける。ストライドが狭くなるので回転を上げてかせぐ必要はありますけどね。

膝に優しくサブ3.5を狙うならスカイセンサーおすすめです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)