シューズ紹介 -アシックス ソーティ ジャパントレーナー(asics SORTIE JAPANTRAINER)-

ソーティの名を聞いたことはありますが、ショップで見かけることはめったにありません。ターサーよりもさらに上、フルマラソンをサブ2.5(2時間半)で走るエリートランナーが履く真のレーシングモデルです。そんなソーティを履くレベルには到底到達していないのですが、恐れ多くもトレーニングモデルに足を入れてしまったのでレビューします。

アシックス ソーティジャパン トレーナー

DSCN1914

長距離の走り込みに威力を発揮するトレーニングモデル。
・マラソン用ラストを採用し、フィット性が向上。
・アッパーはアシンメトリーのハトメ構造を搭載し、シューズと足の一体感がアップ。
・脚力を鍛える走り込みトレーニングに適したシューズ。
・屈曲性、クッション性、耐久性に優れたフルフラットソールを採用。
引用:アシックス公式サイト

特徴的なこのデザイン!異なる色の部品を縫い合わせて作られていて、こんな奇抜な見た目はいまだかつて見たことがありません。
DSCN1913

ブルーに白の刺繍が映えます。
DSCN1918

ヒールカップも薄く柔らかいのでサポート性は皆無と思われます。極限までそぎ落とされたレーシングシューズに安定性を求めるのは野暮というもの。
DSCN1917

インナーソールは貼り付けられているので取り外せませんでした。
DSCN1919

サイズ:26.0cm 重さ:172g
トップエリートの履くシューズということでターサーよりも軽いかと思ったのですが、案外そんなこともないようです。これでも十分軽いですが。
DSCN1952

フルフラットソールというだけあってソールは真っ平。突起が無さすぎてまるでタイヤみたい。本当にこれで地面を掴んでくれるのでしょうか??
DSCN1922

ヒールの黒い部分はやや分厚くてクッション性があります。
DSCN1920

ソーティジャパンのソール素材はレース用、トレーニング用ともにゴム製。耐久性に差はないので、あえてグリップ力を下げたのがトレーニングモデル。見た感じまったくグリップしなそうなソールですが、果たしてどんな走り心地でしょうか。

ターサーも薄いですがあちらは各所に補強があるので型はしっかりしています。対してソーティは指で押してもわかるほどフニャフニャ。今でこそ新品なのでシューズの形を保てていますが、履きこんだらクシャクシャになるんじゃないかというぐらいペラッペラ。

走行レポート

手にした時から薄くて柔らかいシューズだと感じていましたが、実際に靴ひもを締めてみると吸いつくという表現がぴったり。足全体が薄皮に覆われた感触でジャストフィットします。重さはターサーと同等なので驚くほどではありません。

ちょうどインターバル走をする日だったので意気揚々と公園へ。アップがてら足を踏み出した瞬間、脳内に赤信号が・・・裸足??
地面に接地したときの感触がとんでもなくダイレクトでクッション性がほとんどありません。ビブラムファイブフィンガーズで感じたような裸足に近い接地感は危険すぎる。。

さっそくインターバル走をしてみました。
さすが極薄ソールだけあって接地したときの足裏感覚はガツンときます。いつもはヒール着地をしていますが、この薄いソールだと自然とフラット着地に。まったくグリップしないかと思っていたらそんなことはなくて、普通に地面を噛んで前に進みます。反発力もあるのでしっかり蹴ればグイグイ行けちゃうような、、残念ながら足をかばう走りになってしまい今回は試せていません。

このダメージと引き換えに得られるのが走った時のダイレクト感。クッション性のあるシューズだと着地した時や蹴りだす時にソールがゆがんでショックを吸収しているのがわかるのですが、ソーティは地面に直で接地してそのまま蹴りだす感じ。好みもありますが僕はこのカッチリした接地感が好みなので走っていてすごく気持ちがいい。

km4:00 × 500mのピッチと歩幅

shot_20160823_172400
ピッチ:189spm 歩幅:1.34m 接地時間:215ms ※すべて平均
他のシューズと比べて若干ですが歩幅が広い?初めてでおっかなびっくりのフォームだったので慣れてきたら再計測してみます。

ダメージを和らげるためにトラック(地面は土)でkm3’30まで上げてダッシュしてみると、まるで裸足で走っているような錯覚を感じるほど。足とシューズにここまで一体感を感じるのはソーティが初めてです。ただ、土の上だとグリップ甘めなので要注意。

1kmを何本かやるつもりでしたが500mが限界で、その日に走った距離はたった4㎞。それでも足裏がジンジンと疲労して、翌日にはふくらはぎに疲労痛が出るほど。これはソーティジャパントレーナーが決して早く走るためのシューズではないから。ターサーでグイグイ蹴って走った方が断然楽にスピードを上げられますし、着地のダメージもはるかに少ないです。そこをあえてグリップ低&ダメージ大、しっかり腰を入れてグイグイ走らせなければいけないシューズにすることで脚力の底上げが狙えます。
使い方を誤ると即故障につながる諸刃の剣ではありますが、大阪マラソンまで適度に取り入れたいと思います。

ソーティジャパントレーナーはトレーニングモデルの名にふさわしく、サブ3を狙うランナーにも十分オススメの一足です!使い過ぎには要注意。

ソーティは複数展開

ソーティについて調べてみるとこんなにたくさんの種類がありました。フラットソールはジャパンモデルのみで、他のセパレートモデルはターサー系。ウレタン+ゴムソールならダメージもそこまでではなさそうです。
ソーティジャパンはかつてオリンピックの日本代表も愛用していて、あの高橋尚子選手も使っていたそうです。
このソーティという名の由来は、1980年代前半日本男子マラソンのビッグ3としてマラソン界をリードした宗猛(そう たけし)の名前からきているのだとか。

ソーティジャパン

SORTIEJAPAN1
ソール素材 ゴム底
特徴 ■フルフラットのナチュラルな走りを重視する、上級者のマラソンランナーへ。
■マラソン用ラストを採用し、優れたフィット性を実現。
■アッパーはアシンメトリーのハトメ構造を搭載し、シューズと足の一体感を実現。
■着地から蹴り出しまで、一連の動作で優れた安定性を発揮するフラットソール。

ソーティジャパン トレーナー

SORTIEJAPANtr
ソール素材 ゴム底
特徴 ■長距離の走り込みに威力を発揮するトレーニングモデル。
■マラソン用ラストを採用し、優れたフィット性を実現。
■アッパーはアシンメトリーのハトメ構造を搭載し、シューズと足の一体感を実現。
■脚力を鍛える走り込みトレーニングに適したシューズ。
■屈曲性、クッション性、耐久性に優れたフルフラットソールを採用。

ソーティジャパン セイハ

SORTIE-R-JAPANSEIHA1-

ソール素材 ウレタン+ゴム底
特徴 ■接地面が広く安定感のあるフラットソールとグリップ性に優れたデュオソールを採用。
■ミッドソールに新たにスピーバを採用し、踏み込み時のロスを抑え、効率のよい体重移動を実現。
■アッパーはアシンメトリーのハトメ構造を採用し、シューズと足の一体感がアップ。

ソーティマジック RP3

SORTIEMAGIC-RP-3
ソール素材 ウレタン+ゴム底
特徴 ■新設計のマラソン用ラストを採用し、フィット性が向上。
■反発性に優れたSpEVAと、軽量性に優れたソライトの2ピースミッドソールを採用。
■中足部に搭載した立体構造のトラスティックが、優れた安定性を発揮。
■高速走行時における前足部での着地衝撃を緩衝するため、アウターソール前足部の外側に軽量スポンジソール材を配置。

ソーティマジック LT

SORTIEMAGIC-LT
ソール素材 ウレタン+ゴム底
特徴 ■新設計のマラソン用ラストを採用し、フィット性が向上。
■ミッドソールにはSolyteを採用し軽量性を追求。
■多方向へ優れたグリップ力を発揮する、デュオソール意匠を採用。

これらのシューズを履きこなせるほどの走力がつく日を夢見て。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)