ヴィンテージロードバイクを譲り受けた。Bianchi MONDIALE

知人より譲り受けたロードバイク。
1980年代後半のビアンキのバイクで、買ってからほとんど乗ることなく物置にしまわれていたそうです。
そんなわけで状態はとてもよく、25年以上前なのに磨いたらピカピカ。

DSC_0040

やっぱ細いフレームは最高にカッコイイ。
DSC_0022

ブレーキやクランク、ディレーラーにいたるまですべてカンパニョーロ。細部のいたるところに刻印があって、もはや芸術品。シマノとは違った魅力があります。
DSC_0030

 

DSC_0032 DSC_0026

デルタブレーキというのがついていて、独特な雰囲気をかもしだしてます。実際に乗ってみると驚くほど止まらない上に豪快に鳴くのでこれは調整が必要。

DSC_0033

サドルは前から欲しかったブルックス交換。ミニベロにつける予定でしたが、ブルックスはこっちの方が似合います。

DSC_0053

最近、多少のメンテナンスはできるようになりましたが、チューブラータイヤは初めて。クリンチャータイヤよりも乗り心地がいいなんて言われてますが、あんまり違いがわからなかった。

自転車を趣味にしてる人がバイクを何台も持っているのがようやくわかりました。
これから長く大切に乗ってこうと思います。

DSC_0049
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)