ロードバイクを室内保管するなら、バイシクルブリーフがおすすめ

通勤にミニベロを使い始めてかれこれ2年。
片道13kmの道のりを行き来してたら総走行距離は6000kmを越えました。その間、パンク1回、タイヤ交換1回、ブレーキシュー交換1回というコスパにしたら最強の乗り物です。

そんなミニベロは今でもピカピカの状態を保ってます。ほとんど錆びることなく使えているのはやはり室内保管のおかげ。通勤に使っていると、時には雨に降られますが、ちゃんと拭き取って室内に保管すればいつまでもキレイな状態を維持できます。
そんな室内保管派の人におすすめしたいアイテムのご紹介。

DOPPELGANGER ストレッチバイシクルブリーフ

玄関から部屋へ持って行く時に、気をつけていてもやってしまうのがタイヤと壁の接触。少し当てただけで、白い壁にはタイヤ痕がくっきり残ってしまうんですよね・・・。それと、わが家には1歳の子供がいるので、気づけばチェーンをペタペタ触っていることも。。
そんな時にこのサイクルカバーをかけておくと、安全に室内を運べて、なおかつ保管時にチェーン周りに触れるようなこともなくなります。

ミニベロと同じぐらいの長さ。伸縮性のある布素材なので800Cでも問題ありません。
2015-09-23 10.32.56

こんな感じで下半身をすっぽり覆ってくれるので、壁に接触しても、床に直置きしてもOKです。
DSCN1358

車内に積む時なんかも重宝しそうです。
DSCN1361

収納ケースが付属します。丸めるとこんなにコンパクト。
DSCN1362

ロードバイクの室内保管は常識ですが、外を走る道具なのでどうしても汚れに気を使います。このストレッチカバーがあれば気を使うことなく家の中を運ぶことができておすすめですよ。
ちなみに、ドッペルギャンガーの自転車は品質の問題で以前話題にとなったことのあるメーカー。このメーカーのロードバイクを買おうとはさすがに思いませんが、サイクルカバーならいいかな。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)