ランニングシューズを安く販売する、詐欺(ニセ)サイトに要注意!

アマゾンや楽天でシューズを買うことが多いのですが、それを上回る安さで提供するネットショップを見かけます。どこで買っても同じ商品なら、少しでも安く買いたいと思うのが人の心理。見つけた瞬間に思わずポチりそうになりますが、

STOP!

そのサイト、ニセ(詐欺)サイトかもしれませんよ。
ちょうどターサージール3を探していたところ、危険なサイトを見つけたのでシェアします。

怪しいサイトは微妙に安い

2015年9月7日現在、ターサージール3の販売価格。

【アマゾン】
amazon

 

【楽天】
rakuten

 

【怪しいサイト】
fake1

見ての通り、微妙に安いのがリアルなんです。これが半値だったりすると明らかに怪しいのでスルーするところですが、他よりも少し安くするところは手が込んでます。

詐欺サイトに騙されないために、アマゾン、楽天以外でショッピングをする時は必ず下記をチェックすることをオススメします。ちなみに、アマゾン、楽天をそのままコピーした偽サイトもあるので要注意。

1.会社概要をチェック

運営会社情報を確認しましょう。詐欺サイトはだいたいここが適当なので一発でわかります。また、一見まともに見える会社名が書かれていても、念のため会社名をグーグル検索。詐欺サイトの場合は被害者が報告を上げてることが多いです。住所も同様に検索して、詐欺サイトの報告が上がっていないかチェック。

2.個人情報入力画面の暗号化をチェック

氏名、メールアドレスの入力画面で、暗号化されていない場合は要注意。該当画面のURLがhttpsになっているか確認。詐欺サイトはたいてい非暗号化です。

通常、個人情報などの入力画面は暗号化通信(https)が一般的。
amazonhttps
URLの最初がhttpsになっていない場合は要注意。

ただ、小さな会社の問い合わせフォームなどはこの辺に気を配ってないところもあるので、一概には言えないところ。とりあえず、入力画面が暗号化されてない場合は気をつけましょう。ちなみにクレジットカード番号の入力画面がhttp(非暗号化)だった場合は言語道断。画面を閉じましょう。

3.なんか怪しい

詐欺サイトは他のサイトから文字や画像を転用しているので、ぱっと見よく出来ています。細かく見ると、日本語がおかしかったり、どこかで見たデザインだったりとなんか怪しい。少しでも怪しいと感じたら、そのサイトでは買わないのが無難です。どうしてもそのサイトで買う場合は、問い合わせフォームからコンタクトを取るなどして、徹底的に調べてから。
そんなリスクをおかしてまで安く買おうとは思いませんけどね。。

 

ちなみに、今回見つけたの怪しいサイトはこちら
見た目はよく出来てますが、騙されないように。

feke2

店名「東京上野支店」、資本金5億って。。怪しい。
fake3

このワードで検索すると詐欺にあわれた方達の被害情報が山ほど・・・。
入力画面はもちろん暗号化されておりませぬ。。
fake5

 

商品カテゴリは本家を丸パクリ(笑
fake6

 

-2015年10月8日追記-
この怪しいサイトは消え去りました。

 

この手のサイトを見つけたら、商品は買わずに閉じましょう。ちなみに、支払方法が代引きであっても怪しいサイトでの購入はNGです。金銭的な被害はなくても住所抜かれますから。

ちょうど次期モデル発売前で、アシックスのシューズが全般安くなる時期だけに恐ろしい。
安く販売されていても、ポチる前にそのサイトが詐欺でないか、十分確認してからにしましょう。

同じランナーとして、被害者が増えないことを祈ります。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)