大阪マラソン2015当選しました!大阪マラソン当選のコツ

大阪マラソン2015の抽選結果メールを待ちきれず、マイページにログインしてみると、当選していました!
shot_20150608_113126

今回はなんとなく当たる予感してましたが、実際当たるとやっぱうれしいもんです!

大阪マラソン当選倍率を上げる方法

大阪マラソンはおそらく当てる事ができる大会だと思います。申込み時にあれだけチャリティの選択肢があるので当然といえばそれまでなんですが(笑

ここの選択肢で必須の2口(1,000円)だけだと狭き門・・・
shot_20150407_174606

口数を増やしても効果はありそうですが、たぶんグッズを購入するのがいいんじゃないかと。運営側からしたら作ったTシャツ余らせてもしょうがないでしょうし。

ということで、口数増やしてTシャツ購入したら結構なお値段に。。
shot_20150514_124525

ちなみに、チャリティTシャツの昨年販売実績を見ると、

販売価格:4,000円
※制作費等を除く2,000円を、支援したいチャリティカラーで選んだ寄付先団体に寄付します。
※昨年販売実績:購入人(枚)数:11,255人(枚) 寄付金:22,510,000 円

こんなにたくさんの人が買ってる!?団体購入などもあるでしょうからこのままの数ではないでしょうけど、それでもかなりの人が購入しているようです。これ、知ってる人にとっては当たり前のことなのかもしれません。

上記に加え、申告タイムなども加味されるとは思いますが、チャリティの内容が当落に大きく関係していると見てよさそうです。あくまでも仮説なのでご参考までに。
今回は関西のラン友ごぉさんより聞いた話を実践してみました。

大阪マラソンの魅力

大きな大会にはチャリティ枠というのが設けてあって、東京マラソンでは最低10万円、大阪マラソンでは最低7万円出せば必ず走ることができます。
大阪マラソンの場合はそれに加えて、一般ランナーも必ず寄付(最低1,000円)を出すことが条件なので、よりチャリティに力を入れた大会なんだと思います。

チャリティに力を入れる大阪マラソンの姿勢には大いに賛同できますし、なにより大阪マラソンを走るランナー全てが寄付をしているというのが素晴らしい。そんなランナーが走るのですから、沿道からの声援にも一層力が入ります。

年々エントリー数は減っているようですが、大阪マラソンにはこれからもがんばってもらいたい。こういう走るだけではない大会がもっと増えていくといいですね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)