【その2】大阪マラソン2016レースレポ
家族の応援に勝るもの無し!

前回の続き

スタート~10㎞

午前9時、号砲と同時にランナーが一斉に飛び出します。
ゲートまでロス7秒と絶好の位置からスタート!周りのランナー全員が早いかというと案外そんなこともなくて、下りでスピードがついているところに前からグングン近づいてくる背中。かわすため横に出ると、後ろからすごい勢いで駆け抜けるランナーと接触しそうになったり、早いランナーと遅いランナーの入り混じるカオスの中を進みます。スタート直後から下りで始まる大阪マラソンならではの展開で、こんなところで転倒したらと思うとゾッとする。森ノ宮駅のカーブ手前で視界の端にトイレマークを捉えますが、ペースもテンションも高い中なのでもちろんスルー。

ここから鶴橋までの下りは最初から突っ込むつもりだったのでkm/3分後半で一気に駆け下りる。千日前通に入ると道が広くなり、高ぶったテンションもようやく一段落。あらためて今日の調子を確認すると、スタート直後は下半身にいつもの疲労感がつきまとっていましたが、3kmを過ぎるころにはキレイに消え去って不調はどこにも見られません。30分前に飲んだVespa効果でいい具合にほてった体は好調そのもの。これはけっこういけるかもしれない。

鶴橋からなんばまでのアップダウンでペースは相殺されつつも平均するとムリなくkm/4’00は悪くない、というかやや突っ込みすぎか。。
ここまで1㎞ごとに表示されるGarminのLAPが4分1桁台ばかり表示するので、余力はありましたが少しペースダウンすることに。km/4’00の集団を見送ります。

1~5km 4’08 / 3’49 / 3’57 / 4’07 / 4’08
6~10km 3’56 / 4’06 / 4’05 / 3’56 / 4’03

11km~25km

ビルに囲まれてヒンヤリ涼しい土佐堀通を進んでいると、手元のGarminと表示板との誤差が少しづつ広がってきました。今使っているFR630は海外モデルでみちびきには非対応。もしかしてみちびきに対応してたらこんなことはなかったり??静岡マラソンでは手元の時計を頼りにしたがためにサブ3を逃した苦い思い出があるので、その教訓を生かして距離表示版を通過するときにLAPボタンを押して補正します。もはやレース中はオートラップいらないな。

大阪市役所前の子供たちにハイタッチしながら、昨晩3歳の娘と交わした約束を思い出します。

ムスメ
絶対絶対、立ち止まってハイタッチだからね!!
koohey
オ、、、オウ!(止まらないと絶対スネル。。)

今日の軽い体に手応えを感じながら御堂筋を南下。ここまでレースプラン通りの展開にほくそ笑みながら、一方でラップタイムには現れない疲労を感じ始めてもいました。

高架下を快調走っていると悔しそうな表情でペースを落とすランナーが。3時間前後のペースで走っていると、レース中に一度落ちたペースをその先でリカバリすることはまず不可能。足を止めた瞬間に記録更新は終わります。

「切れない」と思ってからゴールまでの時間をどう走り続けるか。

静岡マラソンラスト2km、どうやっても間に合わないとわかっていながらダッシュした記憶がよみがえります。レースはまだ半分、ここから彼はどんな走りをするんだろう。

高架が終わり、日の光を浴びながら大正橋を渡るころにはだんだんを体が熱を帯びてきました。比例してついさっきまで軽かった足も少しづつ重くなり始める。このままだと失速するのが目に見えていたので、予定よりも早めにジェルを入れて中間点通過。1時間28分は過去最速。2分の貯金を残りの距離に分配するとkm/4’20で走り続けられれば晴れてサブ3達成。ランナーズアイを見ていた知人いわく、今回は行けるだろうと思っていたそうです。が、当の本人はなんばを通過する頃にはムリだと感じ始めていました。なんせアクセルを踏みこんでいるのに全然回転が上がらない。。前傾になってみたり骨盤で走ってみたりとあれこれ試していたら、後方から大集団の気配・・・振り返るとサブ3のペーサーを先頭にした一団がグングン迫ってきます。譲るため脇に寄ろうとしましたが、あと3㎞も行けば家族が待つ応援ポイントなのを思い出して考え直します。
どうせこの先潰れるなら、せめて家族の前まではペーサーの前を走ってやる。

11~15km 4’11 / 4’17 / 4’10 / 4’12 / 4’14
16~20km 4’14 / 4’20 / 4’12 / 4’03 / 4’10

すでにラストスパートばりの突っ込みでペーサーを引き離します。迫り来る大群に追われて走っていると気分はインディ・ジョーンズ。恵美須町を折り返し、待っていた家族の前で完全停止!子供2人とハイタッチして大群が追いつく前にレースに戻りました。一瞬の出来事で2人ともキョトンとしてたけど、、ミッションコンプリート??
そこから大国町まで1kmほどペースを保てていましたが、ついに燃えつきて失速。大群に飲み込まれます。

飲み込まれてみると中は不思議と快適。先頭のペーサー2人が威勢のいい掛け声をかけると、「オウ!!」と息のあった返事。スゴ、、部活みたいだ。もしかして最初からこれに入るのが正解だったかも…なんてことは思わないようにしながら進んでいると、ペーサーの背中が少しづつ離れていきます。それを察した他のランナーが次々と交わしていきました。最後はスイカの種を出すかのごとく「ペッ」と集団から吐き出されてしまった・・・。あの大集団もゴールまで残るのはほんの数名、みんな頑張れ!!サヨナラ、サブ3。

21~25km 4’10 / 4’16 / 4’10 / 4’12 / 4’22

26km~ゴール

「ゴールまでの時間をどう走り続けるか。」という問いに自分が直面していますが、これについて自分の中での答えは一つ、
「ゴールまで走り切る!」

と、その前に忘れていたトイレに立ち寄り尿意を開放。フルマラソン中にトイレに立ち寄ったのは始めてですが、記録狙いだったらこれだけは絶対に避けたいネ。数秒のスタートロスなんてあっさり粉砕してくれるトイレ休憩は破壊力ありすぎです。いったい何のために早くから並んだのやら・・・ついでに言うと急いでいる時ほど滝は止まらない(涙
じっとしている時間がもったいなくて、仮設トイレの中でジェル補給。

そこから太陽が容赦なく照り付けるなかをひたすら南下。足が止まるランナーをちらほらパスしましたが、基本抜かされまくりでkm4’30だったペースはずるずる落ちて5分台に突入。 途中のエイドにレース中では珍しくコーラが並んでいたのでありがたく頂戴。南港大橋の登り坂だけはなぜかペースアップしてマゾる。

ゴール前の最後の直線。
こんな日もあるさと自分を慰めながら力のない走りをしていると、ゲート前の沿道から手を振る家族の姿!?サプライズで駆けつけたらしく、それを見て火がついたようにラストスパート!

ゴールタイム:3時間7分34秒

すべて出し切ったと思っていましたが、人間ここぞという時にはまだまだ走れるみたい。次から家族にはゴールゲート前にいてもらお。

届きそうで届かない

マラソンというやつはつくづくうまくいかないものだと痛感しつつ、これがあるから面白いんだろうと思ってます。サブ3は手が届きそうで届かないこの絶妙な感じが心憎い。中にはサクッと達成する人もいますが、ほとんどのランナーが3時間10分前後を行ったり来たりしてます。サブ3を達成してからもコンスタントに達成し続けるランナーは稀で、それだけ難易度が高いということなんでしょう。

大阪の大歓声の中をサブ3できたらどんなに気持ちいいだろうと期待してましたが残念な結果に。次は12月のはが路ふれあいマラソン。まだ一ヶ月半あるのでスタミナトレーニングを積極的に行って絶対獲ります!

Pocket

6 件のコメント

  • お疲れ様でした&ナイスランです!
    サブスリーに届かなかったのは残念でしたね。
    そういう状況下でのランナーの心理を的確に表現されたナイスレポです。
    神戸に賭けて、絶好のコンディションのしまだ大井川を
    33km辞めてちょいと後悔してましたが、テンション上がってきました(笑)

    • トシさん

      またしてもサブ3やるやる詐欺をしてしまいました・・・
      ただ、達成できなかったレースにも何かしら得るものはあるような気がしています。それは後悔も含めて。
      神戸、いいレースができますことを!

  • GPSの誤差は記事を読んでいたので参考になりました5キロごとのポイントでラップ表と距離の誤差確認してました。

    自分は10キロ過ぎまで左のスネの外側痛くて気になって集中力ありませんでした。

    〝「切れない」と思ってからゴールまでの時間をどう走り続けるか。
    とても難しいです。〟
    この言葉を

    スタートからずっと自問自答でした。

    30キロでネットで20秒ほどの貯金でしたが、
    集中力を切らさないようにグロス(2:48)でもいけるとこまでと

    いつも参考にしていますので(笑)

    • かつさん

      この言葉はトレラン師匠Kさんの受け売りなんですが、なかなか深いですよね。
      正解はありませんが、出した答えを貫くことに意味があるのかなと。

      今シーズンは始まったばかり、お互い次はいい結果が残せるよう頑張っていきましょう!

  • 大阪、お疲れ様でした~。

    御堂筋、
    今回は真ん中の車線も走れましたよ?
    私は行き、ほぼ貸切の中、走ってましたから(笑)

    トイレで用を足しながらジェル補給、
    これ、無駄がなくていいですね。
    どうしてもトイレになったら、
    やってみます!

    • スギさん

      あれ?そっち側走ってよかったんですか・・・走っている人が一人だけしかいなかったのでチャレンジラン専用だとばかり。次から中央走ろ。

      もしトイレに行く際はお試しを(笑
      中は非常に狭いのであらかじめ手に持って行くのがおススメです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)