シューズ比較 -アシックス ターサージール2 & ターサージール TS2

練習用、レース用にと用意したターサー2足を比較してみました。
それぞれの紹介はこちら。

違いその1 ソールのツブツブ+固さ

見ての通り、ターサージール2は樹脂のツブツブがトゥ側全面に使われています。当然ながら強力なグリップを発揮してくれる反面、クッション性が少ないために衝撃は強め。ターサージールTS2の着地感はマイルドです。 p-0049 見た目の違いはここだけなんですが、ターサージール2には固いプレートが埋め込まれているんじゃないかと思うほどの固さと、そこから生み出される反発力。ガチガチの印象です。 p-0048

違いその2 重量

12 ターサージールTS2:188.5g ターサージール2:169.5g  どちらも26.0cm これは使われている部品がターサージール2は圧倒的に薄くてレーシング仕様。ソールの樹脂とラバーの差もあるでしょう。160gぐらいになると履いた時の軽さを実感できます。特に30㎞過ぎから大きなアドバンテージ。反面、足へのダメージ大。スカイセンサーはピッチ走法なのでまだマシですが、ターサーだとまだフルを走りきれる自信ありません。

違いその3 走り心地

インターバル走(㎞/4分)で履き比べてみました。1㎞走ってその場で履き替えたので2足の違いがもろにわかります。 まずはターサージールTS2から。 DSC_0017 すっぽり包み込まれる感じとほどよいグリップで、これといった特徴もクセもないオールマイティ選手。ペースを上げると若干重さを感じますが、しっかりとグリップしてくれます。 続いてターサージール2。 p-0037 履き替えた瞬間からわかるシューズの薄さと軽さ。走り出すとしっかり地面を捉えて足が自ら前に出てゆくかのような反発力。これは走っていて最高に楽しいシューズだとつくづく感じます。若干遅いかなと思って時計を見ると、ターサージールTS2と同じぐらいのペース。他のどのシューズよりも早く走れます。 ただレーシングカーは低速走行が苦手なように、ジョグペースはツライ。ソールの薄さがもろに来るのと、固くてなんだかぎくしゃくする。しっかり踏み込んで蹴って走るためのシューズです。

結論

DSCN0995 ガチガチのターサージール2に対して、マイルドで走りやすいターサージールTS2。この2つのシューズは兄弟かと思ってましたが、個人的にはまったく別物という感想です。 ダメージを考えると普段使いはターサージールTS2の出番が多くなるでしょう。で、レースはターサージール2と言いたいところですが、正直迷ってます。ターサージール2の走り方だとフルマラソンは足がもたない。ふくらはぎからアキレス腱にかけて、どうしても痛みが出てしまいます。フォームを変えたので当然ですが。 来月は勝田全国マラソン。 さて、ターサーとスカイセンサーどちらで行こうかな。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)