「Audible」が日本でサービス開始 ランニング時におすすめのオーディオブック

アマゾンが日本でもオーディオブックのサービスを始めると聞き、さっそく試してみました

アマゾン、日本で「聴く本」
米アマゾン・ドット・コムは14日、書籍の内容を音声で聴く「オーディオブック」の配信サービスを日本で始める。月額1500円の定額制で、小説やビジネス書、落語など数千の日本語作品を用意する。今秋をメドに1万作品以上を目指すとみられる。アマゾンの参入で市場が大きく成長する可能性が出てきそうだ。

出典:2015年7月14日 日経新聞

オーディオブックを聞くには専用アプリをダウンロードします。

android:Audible(オーディブル)-本を聴こう

iPhoneアプリは準備中だそうです。
amazonのアカウントでログインします。初月無料で、以降は月額1,500円。

サクサク動いて直感的に書籍を探せるあたりはさすがアマゾン。ライブラリー機能だったり、端末へのダウンロード機能などアプリの使い勝手は上々です。
1

 

マイデータでは聴いた量に応じてバッチがもらえるのでしょうか。
4

 

ジャンルも多彩ですが、書籍の数はまだまだこれからといった感じ。現状だと月額1,500円は正直割高です。ただ、flierの要約本が音声化されてるので、その分を考えると悪くないかも。中にはアダルトなんてジャンルもあってやたら充実してます。意外とこれがキラーコンテンツだったりして(笑
2

速度は0.5倍、1倍、1.25倍、1.5倍、2倍、3倍の6種類。当たり前ですが、速度を上げても音程は一定。聴いてた箇所をブックマークする機能もあるので便利そうです。
5

 

このAudibleは月額1,500円で聴き放題というから驚き。国内ではメジャーなオーディオブック販売サイトFebeだと、1冊の値段がそれぐらい。コンテンツ数ではFebeに及びませんが、今秋めどに1万冊といってるのでかなり期待できそうです。おそらく聴かれた本の著者にアマゾンから料金が支払われる仕組みでしょうから、コンテンツは遅かれ早かれ充実してくるんじゃないでしょうか。

ランニング中や日常生活でポッドキャストやオーディオブックをよく聞いてるので、選択肢が増えたのはありがたい。聞く時は片耳ヘッドホンがおすすめです。

 

英書を聞く人にとってはメジャーなAudible。
日本語本にも対応して今後の展開が楽しみです。

Pocket

↓ ランキングに参加中、応援クリックしてもらえると励みになります!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)