vivosmart HRレビュー 前モデルと比較してよかった点、悪かった点

注文していたvivosmart HRが到着。
初代vivosmartを約1年半使ってきて、今やライフログバンドは生活に欠かせないアイテムになっています。今回購入したvivosmart HRと前モデルを比較して、思うことをあれこれ書いてみます。

心拍数測定機能

DSC_0022
vivosmart HRの目玉機能がコレ。背面に光学式心拍計がついていて、装着している間の心拍数を記録します。でっぱりが手首に当たって痛いのではないかと心配でしたが、装着してみるとまったく気になりません。

思いのほか精度は高く、時々誤った数値を表示することもありますが概ね問題なし。寝起きの安静時心拍数を知れたりと便利です。
DSC_0014

今回やりたかったのはブロードキャストモード。通勤ランやちょっとジョグする時にいちいち心拍測定ベルトを装着する気にはなれず・・・。結局ポイント練習の時しか心拍測定はしていませんでした。
ただ、通勤時のバイクで坂道を追い込んだり、ジョグでもウィンドウスプリントを入れたりと心拍数を知りたいと思う場面がけっこうあります。そこでこのvivosmart HRを日常的に装着していれば、Garminのアクティビティスタートと同時にブロードキャストモードもオンにするだけ。ベルトを装着しているのと同様に心拍数が記録されます。
DSC_0025

一日の心拍数を表示すると、アクティビティの種類が表示されます。先日の60㎞走をした1日はこんな感じ。
shot_20160531_203118
朝バイクで会社に行って、仕事を終えた19時からひたすら走りっぱなし。日が変わってもまだ走ってる。。

ポイント練習やレースなど正確に測定したい時はベルトを装着。Forerunner630に新調したので、プレミアムHRMベルトを使ってランニングダイナミクス(ピッチやストライド幅など)も測定できます。

上昇下降階数カウント

内蔵の気圧計で上った階数をカウントしてくれます。過去に使っていたFitbitに同様の機能がありました。ここ最近はエスカレーターやエレベーターを極力使わないようにしているので、こうした階数カウントが記録されるのも効果的。1日の目標階数に到達するとバイブレーション&画面に花火でお祝いしてくれる(笑

ミュージックプレーヤー

DSC_0031
初代vivosmartでもよく使っていたのがミュージックプレーヤーコントロール。走りながら音楽を停止したり曲を送ったり。ポッドキャストを聞いていると番組によって音量が異なることがよくあり、それらも手首のvivosmartから行っていました。
ここで残念なのが、今回のvivosmart HRには音量調整ボタンがなくなったということ。これは残念。

その他の機能

歩数カウントや睡眠時間測定は前モデルと特に変わりません。
DSC_0058
サーチモードをONにすると、スマホのフラッシュ点灯&アラームが鳴ります。手元のvivosmart HRはスマホまでの距離をバーで表示。ドラゴンボールを探すようにスマホを探し出せます。朝の急いでいるときに何度助けられたことか。

バイブレーションの強さ

本体と重量が大きくなったからでしょうか、前モデルよりも強くなった気がします。前はアラーム(バイブ)に気がつかないことがよくありましたが、vivosmart HRにしてからはしっかり起きれています。むしろバイブレーションが強すぎて会議中に「ヴィーンヴィーン」と震える音が聞こえるほど。

デザイン

DSC_0024
これは初代vivosmartの完全勝利。前モデルでは真っ黒のバンドにLEDで文字が浮き上がるのを見て驚かれることがよくありました。それに対してvivosmart HRのデザインは残念な感じ。初代の方が断然格好良かった。

vivosmart
vivosmartは17gとその差13gはけっこう大きい。
サイズが大きくなったのもマイナス点。背面に光学式測定計がついたので仕方ないですが、おかげで画面をよくぶつけます。最初のうちは傷がつかないように気を付けてましたが、今となってはぶつけまくり。これが意外と傷つきません。

前モデルと比較して

よかった点

・光学式心拍測定はかなり正確
・心拍ベルトのわずらわしさから解放された
・上昇階数、下降階数をカウントできる
・バイブレーションがやや強くなった

悪かった点

・大きさ&重量UP
・デザインが個人的には・・・
・ミュージックプレーヤーで音量調節機能がカットされた

ブロードキャストモードの恩恵があるので、デザインとサイズには目をつぶります。機能だけみたらvivosmart HRに不満はほぼありません。もし、光学式心拍測定が不要というなら初代モデルがおすすめですけどね。

ライフログ計をつけると、活動量を見返すことで歩く距離が延びたり、睡眠不足など生活習慣をなおすきっかけになったりと役立ちます。レコーディングダイエットと同様に記録することでわかることがたくさんありますよ。

Pocket

↓ ランキングに参加中、応援クリックしてもらえると励みになります!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

2 件のコメント

  • これなら胸バンドいらないですね。

    このセットならエプソン850じゃなくてもよかったかも(笑)

    • かつさん

      ようやく胸バンドから解放されまして、これは楽ですね。欲を言えば、手首ではなく耳たぶや足首などで測定できるといいのですが。
      ただ、ここぞという時は正確性を重視して胸バンドにはなりますね。心拍測定だけだと手間に感じますが、プレミアムHRMは他の情報も測定してくれるのでまだ許せるかな(笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)