自己新(5km)出したらそのまま撃沈・・・ 第15回新宿シティハーフマラソンレースレポ

朝5時、スッキリ起床のはずが、

ノド痛い・・・。

よりによってレース当日に風邪をひくという大失態。先週インフルエンザがをやって、治った途端に走りまくったツケが回ってきてしまった。幸い熱はそれほど高くもなく、真冬とはいえ1時間半ならどうにかなるだろうと出走の意志は変えず。
結果は自己新出ました!5kmだけ。
勢いよく突っ込んで散っていったレースをレポートします。

絶好の位置取り

7時半に会場入り。レースウェアは自宅から着込んでいるので脱ぐだけの状態でしたが、寒さでなかなか脱ぐ気にならない。気温7℃で極寒ではないんですが、どうやら完全に風邪引いたらしい。ストレッチしながらジェルを入れて準備。ハーフは体に何も身につけず身軽に走れるのがいいですね。

8時前、Bブロックに到着するとまだ人もまばらで前から2列目という絶好の位置取り。周囲を見ると早そうなランナーばかりなので、今年はきっちりタイムでブロック分けしているようです。昨年はマダムの集団がAブロックで談笑していたことを思えばこの方が安全でしょう。直前に入れたVESPA効果でさっきまでの寒さは感じず、しばし号砲を待ちます。

START~5km


スタート直後から周囲はほとんど同じペースで昨年とは比べ物にならない走りやすさ。最初のコーンをインコースから折り返すと、予定通り3分後半で入ります。前を行くランナーに追いつきもしなければ、後ろから抜かされもしない周囲と息の合ったペースは走っていて気持ちがいい。外苑を周回し終える頃には軽く汗ばんで暖気完了。足先が冷えて感覚がないのだけ若干気にはなりますが体調は問題無し。ガンガン攻めます!

1~5㎞ / 4:00 – 3:51 – 3:57 – 3:58 – 4:00

5km~10km


心配した慶応病院前の緊急車両に止められることもなく、四谷三丁目の交差点をすぎればボーナスステージ(下り坂)の始まり。昨年はここで脇腹痛に襲われペースダウンを余儀なくされましたが今日は大丈夫。ストライドを広げながら一気に駆け下り、鋭角コーナーもしっかりインをついて今下りて来た道を上り返します。

と、ここで異変発生。
前のランナーについていけない??
たまたま前を行く人が上りを得意だったというのでなく、集団ごと離れてゆく。後ろから来るランナーに次々と抜かされ続ける様は登坂車線を走るトラック状態。去年はもっとこうグイグイっと駆け上がった記憶があるので、今日のこれはなにかがおかしい・・・。ペースは4分20秒台まで落ちました。

力ない走りでなんとか上りきって再び四谷三丁目。さっきまで前にいた集団ははるか彼方に消えてゆき、そうしている間にもkm4’00ペースのランナーに次々と抜かされ続けるこの状況ほど辛く惨めなことはありません。ただ、ペースはkm4分一桁台には戻ったのでまだ行ける。気負いすぎて突っ込みすぎたかな。四谷から防衛省の下り坂で感覚を取り戻しつつ再び上り坂。今度は緩やかに延々と続く上りで心と体力をジワジワ削ってくれました。

6~10㎞ / 4:05 – 4:21 – 4:02 – 4:06 – 4:13

11km~15km


ここで本日の異変第2弾。
額から冷たい汗が止まらなくなり心拍数が下がり始めます。
過去にハンガーノック(低血糖状態)になった時と同じような症状ですが、たったの10kmでさすがにそれは無い。おそらく風邪による貧血と思われ、なんとか維持できていたペースも代々木付近でついに折れました。
さっきまで気持ちよく快走していた外苑の周回路が、2週目はめまいで地獄に見える。もう視界がユラユラと揺れているんです。
スタート会場の神宮球場が近づくにつれてDNFの誘惑が。悪魔がゲート前でおいでおいでをしている・・・気がする。

イヤイヤ、1km4分半で走れてんだから最後まで走れよオレ!

ぼんやりした頭で天使と悪魔のやりとりを眺めていたら周回路が終わって強制的にレース再開。OK、倒れない程度に走り切ろう・・・。力なくコーンを折り返して覚悟を決めます。

11~15㎞ / 3:57 – 4:03 – 4:16 – 4:23 – 4:26

16km~GOAL


だいぶ抜かされたので周囲とペースの差がそれほどなくなってきたのがせめてもの救い。抜かされ続ける展開は少し落ち着いてきました。それにしても今日は全くと言っていいほど他のランナーをパスしていません。前に並んだ分だけ折れた時の抜かされまくるダメージは大きいと改めて実感。特にハーフはペースが早いだけになおさら。

御苑トンネルに吸い込まれてみると中はほんのり温かい。GPS信号はロストしましたが、心拍計でしっかりピッチが取れているのでGarminにはペースが表示されています。表示されたペースは4分半、、これは1時間半も怪しいな。
トンネルを出ると周回遅れのランナーと合流。ここまであまりに走れない自分にうんざりしていましたが、並走してみたらアレ結構早い??

心拍数が落ちて体は冷え切っていましたが、残りはたったの3km。ここでスパートかけられない程度ならサブ3なんてやめちまえ!やけくそのラストスパート開始!
一人、二人、前ゆくランナーをパスするごとに力がみなぎりペース復活。
酸欠なのか風邪のめまいかわけの分からないテンションで神宮球場に戻ってきました。どういうわけかGブロックのマダムと一緒に。(この方一周勘違いされていたようです。)

16~21㎞ / 4:32 – 4:26 – 4:25 – 4:12 – 4:14 – 4:08

タイム:1時間28分24秒

本日の反省

もう間違いなく突っ込みすぎたのが敗因。帰宅してGarminconnect見たら5kmのベスト更新してるというw

そりゃ撃沈もするわ。

今日より10℃も高い昨年の大阪マラソンでは序盤3分台で走れていたので過信してしまった。ついでに風邪さえ引いてなければね、もう少し上りで粘れたような・・・タラレバ。風もなくいい環境だっただけに去年よりも遅い結果が悔しくもあります。

次回は青梅マラソン。
一ヶ月あれば走力の底上げは十分可能。
次行こ次!

Pocket

2 件のコメント

  • お疲れ様でした。

    そこまで大変なレースだったんですね。
    代々木付近で抜いた時の顔色はよくなかったですからね。

    青梅の力走を楽しみにしています♪

    あ、ブログ・名前をスギから変えました(笑)

    • スギさん、改めチョパプリオさん(声かける時はチョパさんでいいのかな??w)

      代々木ではキレイにかわされましたねー、安定感のある走りさすがです。どうにか背中について行こうと試みましたがとてもとても。
      出だしでちょいと調子に乗りすぎました・・・
      教訓に青梅では前半抑えで後半しっかり上げていきますので!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)