青梅攻略の鍵は己のペースを守ること
~第51回青梅マラソンレースレポ(前編)~

本命の静岡マラソンを2週間前に控え、青梅は総仕上げ&今の実力を知る意味でも大事なレース。ここで弾みをつけて静岡へ行きたいところです。重視すべきは後半しっかり上げてゴールすること。折り返してからひたすら下り続ける青梅のコースで上げられないようではサブ3は正直厳しい。km/4’20で入ってラストはkm/4’05まで上げるプランで臨んだ青梅マラソンをレポートします。

今年は2ブロック前進&トイレtips


気温5.5度、雲ひとつない晴れ渡った空で絶好のマラソン日和になりました。若干風が吹いているのでタイムに影響なければいいのですが。

受付で手渡されたゼッケンの番号は3ケタで身が引き締まる思い。4年前は5ケタだったことを思うと感慨深いものがあります。ただ、3ケタゼッケンといえどスタートブロックは前から7番目でそれほど前というわけではありません。選手を35ブロックに分けているのですが、おそらく狭いコースを15,000人が走ることから渋滞回避策と思われ。今年で51回目というだけあって運営がしっかりされていらっしゃる。

ここでトイレtipsのご紹介。
青梅マラソンに限らず、どの大会でも仮設トイレで大と小で列が分かれているのはよくある光景。ここで小だからとそのまま並ぶのは得策ではありません。トイレの数、並んでいる人の数を見て、小だとしてもあえて個室に並ぶ方が進みが早いパターンがよくあるんです。

私が青梅マラソンでいつも行く公園の仮設トイレ。

小が2基、個室が8基あるんですが、ここは個室の方が断然進みが早い。ついでに個室の列の長さは小の半分以下。小に並んだ人は薄々感じながらもそれなりには進むので、結局動かずそのまま並び続けるしかなくなるという。この時期のトイレ待ちは体が冷え固まるので極力手短いに済ませたいところ。列に並んでからも、他の列の進みが早いと感じたら迷わず移動をオススメします。ただし、女性は個室しか使えないことを男性陣はご承知おきを。ここで女性に譲ることができる心の広いランナーはレース後にいいことがあるかも?w

スタート~5㎞

1-5
地図引用:青梅マラソン公式サイト

昨年より2つほど前のブロックからスタートしたからでしょうか、狭いながらも比較的スムーズな出だしで1kmは4’38。今日の調子を確かめてみると、疲労もなく体は軽快そのもの。足への不安も皆無なので今日は存分に楽しめそうです。

唯一の心残りが補給に用意していたvespa・・・。
貴重品を預ける時にvespaを机の上に置き忘れてしまった。折り返してからの着火剤にしようと思ってたのに…1発600円もするのに…

どなたか拾った方がいいタイム出せますように!!!(涙

計画どおりペースをkm/4’20に固定、上げすぎに注意しながら進みます。

1~5km / 22:06

6km~10㎞

6-10
地図引用:青梅マラソン公式サイト

二俣尾駅からよろい橋にかけて3分台後半まで上げたかと思うと、そこから始まる緩やかな上りで思うようにペースが上がらない。ペースを維持しようと頑張ってしまうことでジワジワ体力削られます。

青梅マラソンほどペース管理が難しいコースはないと毎回感じます。上りではどうしてもタイムが落ち込むし、下りは急なのでけっこうペースが上がる。前を行くランナーをペーサーにしていたら上りで急に失速したり、逆に下りで猛烈な勢いで消え去って行ったり。上りや下りは平坦路と違って得手不得手が出やすく、自分のペースを見誤ると後半で確実に終わる。いろんなことを学ばせてくれる30km。

km/4’20で淡々とLAPを刻んでいるとけっこう抜かされます。首の裏にじっとり汗を浮かばせて、荒い息遣いで抜かして行く人もいますが、おそらく持たないだろうなと思いつつ背中を見送ること多数。ガマンガマン。

6~10km / 21:29

11km~15㎞

11-15
地図引用:青梅マラソン公式サイト

御嶽駅を過ぎると木々に日差しが遮られて少し暑さが和らぎます。
前方からパトカー&白バイ登場、やってきました神野大地選手!

パワフルな走りであっとゆう間に消え去って行った。こうして見ると物凄くダイナミックなフォーム。神野選手はこの後失速して3位だったそうですが、今後フルマラソンでどんな活躍をするのか楽しみ。去年はこの場所で川内優輝選手とすれ違いましたが、両者の一騎打ちなんてぜひ見てみたいものです。

まもなく15kmの折り返し。
ここまで順調ですが、抑えながらとはいえひたすら上りっぱなしの15kmはさすがにキツくて。もしあと5kmこれが続いたらペースは維持できる気がしない。こんな調子で上げていけるのか不安に感じつつ、後半戦に備えます。

11~15km / 21:49

-後編に続く-

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)