更に軽くなった!
ターサージール6(asics TARTHER ZEAL6)レビュー

待ちに待ったターサージール6到着。さっそくあれこれ触ってみたのレビュー。やっぱこの色のターサーがたまりません!

ターサージール6の特徴

Adaptメッシュを搭載し、フィット性と通気性を追求。
・メッシュ素材を中足部に搭載し、足沿いのよいフィット感を追及。
・通気性の向上、シューズのさらなる軽量化を実現

特徴1:ちょっぴり軽くなった


アダプトメッシュの採用でターサージール5よりもすこーしだけ軽くなりました。計測値は後述。

特徴2:アダプトメッシュを使うことで通気性向上


両サイドにアダプトメッシュを採用。旧モデルの通気性に不満を感じていないので走りにはそれほど影響がなさそうな気もしますがどうでしょうね。

スペック

アッパー素材 本体=合成繊維製(ラッセル構造) 補強=人工皮革製
アウター素材 合成底(ウレタン)+ゴム底
インナーソール 取り替え式
生産国 日本
重量 157g ※サイズ26.0cm
厚さ 前足部:1.4cm 後足部:2.6cm ヒールカウンター:7.0cm

重さ


157g ※サイズ26.0cm

同サイズのターサージール5が160gだったので若干軽くなりました。測りが時々156gを表示していたので厳密には156g台後半かと。

厚さ

前足部:1.4cm

後足部:2.6cm

ヒールカウンター:7.0cm

感想

足を入れた感じはターサージール5と変わりません。ラストも同様ということなのでサイズ感もこれまでと同じで問題なし。大きな変更点はアダプトメッシュの採用でほんのすこーしだけ軽くなりました。が、よく見るとアッパー形状もターサージール5とは違っています。ターサージャパンと同様にシールタイプではなくなっているので剛性は上がっていそう。この部品が増えているのに3g軽くなっているというのはなかなか。

個人的には今回のターサーは色とデザインがお気に入り。数値には現れませんが、こういうのってけっこう大事な気がしてて。好きなんですよね、ターサーの後ろ姿。ギアフェチはシューズを愛でながら酒が飲めるw

週末にタイムトライアルがあるのでそこで全開走行してみます。
走行レポは追々。(あまり変わらないような気も・・・)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)