わかっちゃいたけどやっぱり難しい
ひとりフルマラソンの結果

タイムライン上が全日本マラソンランキングの投稿で賑わう今日このごろ。
さて、今年は何位かなと年齢、氏名を入力してみると・・・

該当するデータはありません。
※「全日本マラソンランキング」の検索サービスは、
年齢・性別・氏名の完全一致が表示条件となっています。

ん??何度入力しても表示されない。
よくよく見ると「2019年4月~2020年3月に開催された、日本陸連公認コースを使用する対象大会」ですってばよ奥さん。昨年秋はケガでレース走ってないし、3月に走る予定だった東京マラソンと佐倉朝日マラソンは中止。ということで今年の記録はナシ。

もし走れたとしても自己ベストとはほど遠いから別にいいけどさ。なんてグチるのには先日走ったひとりフルマラソンの結果が影響してまして、結果には腐りつつ闘志を燃やしてもいるわけです。

結果は2回失敗して3回目でどうにか走りきりました。更新する気すら失せていたけど、いまの実力を刻みつける意味でも記録しておきます。


本番前

今回ひとりフルマラソンをしようと思ったのはランナーズの記事を見ての思いつき。

今年の2月に行われた名古屋ウィメンズマラソン(大会は中止だけどオンラインマラソンで完走したら完走賞とティファニーがもらえる)を見てバーチャルマラソンには興味がありました。
今回は「週末ひとりTATTAマラソン」というバーチャルマラソンにエントリー(1,500円)。5月30日(土)~31日(日)のあいだに42.195km走って完走すると年代別ランキングや完走証がもらえる仕組み。1回のアクティビティでフルの距離を走ればいいので、例えばトイレに行きたくなったらタイムを止めたっていいし、5km全力×9本でも記録としては残るんです。バーチャルマラソンなんて究極の自己満の世界でそんなチート(インチキ)する人がいたら、それはそれで尊敬してしまうけど(笑

何ヶ月も前から入念に準備してきたというわけではないものの、現状のベストを尽くすつもりで1週間前から練習負荷を下げたり、刺激を入れていつもの大会と同じ過ごし方してたら気持ちも盛り上がってくる。

2日前の最終刺激入れは絶好調で、あわよくば3時間台前半狙えるかもなんて夢想してました。

いつもの大会と違うのがスタート時間。コースはなるべく平坦な場所を探して近所の公園(1周5km)をグルグル周回することに。ただ、早朝でもけっこう人がいるのでさすがにマスク無しで42km走り続けるのは気が引ける。そこで少し早めに夕飯を済ませて開始を22時にしました。

エイドは周回コースの途中に自転車を置いてカゴに水を入れたボトル。腰にはジェル2本(20km、30km)&塩熱サプリ(1時間毎)でいつもの大会装備。

目標タイム3時間20分はイーブンペースならkm/4’44と息が切れるほどでもない気持ちのいいペース。後半ダレることを想定して前半4’40ぐらいで入って貯金し後半分をカバーするプランです。夜まで落ち着かない1日を過ごしていざ深夜の公園へ。

1回目 → DNF

気温20℃で2月のレースとは雲泥の差だけど、日中に比べればだいぶ涼しくなって走りやすい。スタートライン(公園の入り口)に立って深呼吸。目を閉じて天を仰ぎ意識を集中するとホントに大会のスタート前の気分。

on your marks(心の声)

スタート!
いつも走りなれた公園が違って見える!もちろん突っ込みすぎるなんてこともなく安定したペースで2km過ぎるころには予定通りkm/4’40。ヨシヨシ、とりあえずこのペースで30kmまで巡航しよう。なんてことを思っていたんですがそうは問屋がおろさなかった・・・。

たいして飛ばしてないのにすごい発汗量でナニかがおかしい?このまま走りつづけたら確実にオーバーヒートすると感じペースダウン。すると今度はトイレに行きたくなってきてしまい、駆け込んで足を止めたら途端に猛烈な滝汗・・・こりゃダメだ。調子がよくないことを確信して時計を止めました。

2回目 → DNF

水分補給してしばらく休んだら回復したので気を取り直して再スタート!
これまた、全然ダメ。

完全に戦意喪失。。この日は諦めトボトボ歩いて帰宅。

3回目 → 完走

翌日曜日の20時。
練習ならなんてことないkm/5分ペースが10kmも続かないのは気負いすぎ。昨晩と同じスタートラインに立ち深呼吸をして気持ちを落ち着かせる。バーチャル大会は今日の24時までなのでチャンスは一回&サブ4必須。昨日の失敗から、これぐらいの緊張感が必要だと思ってあえてこの時間を選びました。意地でも完走!(当初の目標3時間前半からダダ下がりw)

深夜の公園を一人でひたすらグルグルと。5分ペースを目安にしつつ、ムリに維持しようとするとバテるのであくまで目安程度に。もし後半足が残ってたら上げればいいわけで、前半はとにかくセーブしてDNFは絶対回避。

ジェルを入れて折返しからの後半戦。このペースだから息切れはないものの暑さでひたすら汗がで続ける。幸い公園にはあちこちに水飲み場があるので、完全停止にはなっちゃうけど水切れの心配は不要でした。5分は目安で走ってたとはいえ、ほぼフラットな公園でもけっこうタイムにばらつきがあって、この辺の勘も鈍ってる気がします。

そしてお約束の30km以降の落ち込み。とりあえずkm/5分台でまとめたと思ってここはポジティブに。

結果は、

サブ3.5も達成できず。。暑さとか体調とか言い訳はいくらでもあるけど、一番の敗因は集中力が続かなかった。わかっちゃいたけど、本番と同じようなテンションで臨むのはとてつもなく難しい。そしてこれが今の実力。

次は10月か11月の涼しい時期にやろうと思ってます。その時に世の中がどうなってるかわからないけど、大会の有無に関わらず走る日を決めて準備しておけばもう少しいい走りができるはず。バーチャルマラソンでサブ3目指して。

Pocket











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です