武尊スカイビュートレイルに向けた最終調整 in 飯能アルプス

武尊山スカイビュートレイルまであと2週間。今年はハセツネの前半コースを試走していないのでそっちに行くか迷いましたが、今回の目的はポールに慣れること。ハセツネ前半コースでポールを使うのもなんだかな・・・ということで最終調整に選んだのは再び飯能ALPS!

今月号のRUN+TRAILで奥武蔵が特集されていたのでランナーが増えてる予感。

スタート

飯能駅に着いたのは9時過ぎと今日はのんびりスタート。前回とはうってかわって絶好のトレラン日和です。

サクッと天覚山。序盤は標高500m前後を上っては下りての繰り返しなので一向に涼しくならない・・・水もつかな。

奥武蔵エリアはコースのバリエーションが多くて迷いやすい。そこでヤマレコで拝借したGPXを使ってナビゲーションしながら進みます。

Fenix5Xのようにマップは表示できませんが、先人の軌跡を辿るならこれで十分。コースをはずれるとアラームとバイブで教えてくれるので、分岐で間違えることは皆無です。実際のレースでこれ使ったら、、邪道かな・・・。

ナビゲーションはとても便利な機能ですが、まれに表示されるこの画面。ボタンを押しても無反応で何もできず・・・3分程度で復旧して何事もなかったかのように計測を継続するという謎。もしそのまま帰ってこなかったらどうしようと心臓によろしくない。今後のバージョンアップで改善されるといいのですが。

10km過ぎからポールを使い始めます。

武尊山スカイビュートレイルでは75km過ぎからポールの使用が許可されています。これまでレースでポールを使ったことはありませんが、総距離130kmは未体験ゾーン。ハセツネなんかと違い山岳要素が高いレースと言われてるのでポールはマストな予感。今日の目的はめったに使わないこのポールに慣れること。

使っているのはヘリテイジのULウルトラライトトレイルポール。とにかく軽量でコンパクトな定番ポールですが、買ってから10回も使っていない。

子ノ権現(ねのごんげん)で固形物&コーラを入れます。これもいつもはしないことですが、24時間以上動き続けることになるので走りながらしっかり消化してもらわなければ。

伊豆ヶ岳


15時、伊豆ヶ岳に到着。ここで前回同様に正丸峠を経由して飯能に戻る予定でしたが変更。武甲山を経由して秩父を目指すことに。理由は、、刈場坂峠から顔振峠までの間に気持ちが折れてトレイルは行かずにロードを走る気がしたからw この区間は舗装路とトレイルが並走しているんですが、強い意志がないと楽な方(舗装路)を選んでしまう。ここまで巻きに巻いてる今日の自分を戒めるには急登が一番。

一気に駆け下りて300mほど標高を下げてからの500m急登するあたりがマゾい!姫次を彷彿させる上りにふくらはぎが(喜びの)悲鳴を上げてます。

オシッ武川岳クリア!

再び駆け下り、一気に下げてからの500m急登。。明るいうちにどうにか大持山クリア!バッチコイ!
正面に目指す武甲山の頂が見えていますが、あそこに行くには再度駆け下りてからの急登が待っているわけで、、あー飛んで行きたい!

尾根伝いはまだ明るいですが、木々がうっそうと生い茂るトレイルはすでに闇の中。ヘッドライトを装着して最後の頂を目指します。
この武甲山に至る道中でいまだかつてないほど獣と遭遇しました。頭上に光が見えたので、FTRの試走ランナーかな?なんて思って近づいたらでかい鹿だったり。下っているとあちこちで光る目、目、目。一番多い時で12(12÷2=6匹)個の光がじっとこっちを見てたり。鳴き声で鹿というのはわかりましたが、そんな時に現れる「熊注意!」の看板にヒヤヒヤしながら忍者のごとく疾走して武甲山。山頂には大きめの社があるんですが、真っ暗闇の境内はやっぱ不気味。闇に浮かび上がる狛犬とかね。

順路の看板を頼りに展望台に行って見ると、そこには素晴らしい夜景が広がっていた。

さあて、あとはあそこまで駆け下りるだけ。無数の目に見守られながら、一気に駆け下り、本日の山遊びは終了。

今回の高低図はこんな感じ。伊豆ヶ岳から先がこんなにキツイアップダウンだったとは、、完全にナメていました。

FTRはこの逆で、秩父から飯能を通り秩父へ戻るコース。序盤に武甲山を終えるのは得策かと。今日のパターンはラストがキツイし、大持山~子持山の尾根は場合によっては危険な気がします。
久しぶりにポールを使ってみて感じたのが、足への負担軽減。今回はいい感じに肩と足に負荷を分散することができました。帰りの電車で背中に痛みを感じたのもポールによるものと思われ。多少なりとも感覚はつかめたので、武尊では積極的に使う予定。

ガッツリ乳酸出したい人は「飯能~秩父」ルートをぜひどうぞ!

Pocket

2 件のコメント

  • 私も先月、正丸駅~伊豆ケ岳~武川岳大持山~武甲山~浦山口駅のコースをトレランしてきましたが、急登が多く、かなり歯ごたえがありますね。しかも必ず200メートル下ってからの400メートルの登り返しがあるので(涙)、メンタル鍛えられます。私も秩父の低山だと思って油断していました(笑)

    その時の山行記録(ヤマレコ)
    https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1237846.html

    このエリアは結構いいトレランの練習になりそうです。
    ちなみに、秩父線の駅に降りてしまうと、電車の本数が少ないので、西武線の駅に降りたほうがいいです。
    武尊スカイビュートレイル、がんばってください。

    • 桑原さん

      ヤマレコ拝見しました。さすがクワさん、いいペースで安定してますね!おっしゃる通りで足もメンタルも鍛えてくれるコース(笑 ひさしぶりにポールを使いましたがかなり助けられました。
      電車の本数はなんとなく予想していましたが、20時台は1時間に1本で。。秩父までロードを走る予定でしたが、浦山口駅に下山したらまさに電車が駅に到着したので慌てて切符を買わずに飛び乗ってしまった・・・(もちろん秩父で精算しましたよ)。横瀬に下りるのが正解ですね。

      スカイビュートレイル楽しんできます!
      どうか台風来ませんように。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)