ランニングのアウターウェア決定版 ”モンベル EXウィンドジャケット”

春の陽気でだいぶ過ごしやすくなってきましたが、朝晩はまだ肌寒い日が続く今日この頃。そんな時に活躍するアウターを紹介します。

モンベル(monbell)EXライト ウィンドジャケット

DSCN1782

世界最軽量と圧倒的なコンパクト収納を実現したジャケットです。生地や細部のデザインに至るまで徹底して軽量化を追求。皮膜のような薄さでありなが ら十分な強度を備え、風の侵入を防ぎます。ポケットに入れて持ち歩いても負担にならない大きさに収納できるため、トレッキングやランニングなどに大変便利 です。風によるばたつきを抑えるため、ややタイトなシルエットを採用しています。
説明引用:モンベル公式サイト

触った感じはテロテロの薄ビニールで、アウターの一番外側に着るウィンドシェル(風よけ)といった使い方。

丸めるとこんなにコンパクト。
DSCN1786

重量43gとポケットに入れていても気になりません。
DSCN1785

これがランニングにはぴったりで、走り始めて体が温まってきたら脱いで丸めてポケットに入れるもよし。走っている途中で風が出てきたときに羽織れば、体温を奪われるのを防ぐこともできます。EXライトウィンドジャケット自体に保温性はないのですが、風を通さないので熱が外に逃げません。

トレランの時にも重宝します。尾根に出た途端に風が吹き荒れていたなんてよくありますが、ウィンドシェルさえあれば体温は奪われません。これだけコンパクトで軽量というのも、少しでも荷物を軽くしたいトレランではとても重要。ハセツネの時にはコレを着たり脱いだりして体温調節していました。ちなみに、生地はペラペラで薄いですがかなり丈夫。

モンベル(monbell)EXライト ウインド ベスト

今の時期におススメなのがベストタイプ。
DSCN1781-Edit
DSCN1783-Edit

僕は腹が冷えやすいので、風の強い日はこのウィンドジャケットでガード。
重量は31gと腕部分がない分さらに軽い。畳むとよりコンパクトに収めることができます。
DSCN1787

モンベル(monbell)ウィンドストッパートレッキンググローブ

おまけでグローブ。
DSCN1790
内側が起毛素材で若干分厚いので、レースで使う時はエイドステーションの前ではずす必要がありそうですが、普段使いなら最高。
DSCN1793

ただし、5度以下だとかじかむのでより保温効果があるグローブを。

やはりアウトドアメーカーが作るものは間違いありません。中でもモンベルはけっこう好きなブランド。冬のアウターはほとんどこれだけを着て走っていました。頻繁に洗って酷使してるのにまだまだ使えるとは。さすがモンベル。おススメのアウターです。
DSCN1788

Pocket

↓ ランキングに参加中、応援クリックしてもらえると励みになります!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)