静岡マラソン2016のレースプラン
「サブ3」獲りに行きます!

いよいよ今週末に迫った静岡マラソン2016。
小出監督の13週メニューも今週いっぱいです。ポイント練習の達成度合いからすると正直走力不足は否めませんが、回数はきっちりこなしてきたのであとは出し切るまで!

30kmから上げる

小出監督の本では前半抑えて後半上げることをすすめています。大会当日、前半を重い体で入るように直前の練習メニューを組んでいる徹底ぶり。そんなわけで、レース1週間前にこんなに追い込んだのは初めて。

これまでのレースを振り返ると、よくてイーブンペース。ほとんどが30km以降で徐々にペースダウンしています。自己ベストを達成した横浜マラソンも、30km以降でkm/5~10秒前後ペースダウンしています。正直、静岡マラソンも今まで通り前半型で行った方が自分には合ってるんじゃないかと思う反面、前半上げてダメだった時の後半は地獄の長さ・・・。

先日の青梅マラソンでは、後半が下りだったこともあってネガティブスプリットがうまくきまりました。そこで、師と仰いだ監督の教えを守って静岡マラソンでは前半は抑えて30km以降で上げるプランで行きます。

ほぼフラットなスピードコース。懸念点は海風

30kmまではkm/4:15の一定ペースで刻み、そこから若干ペースアップ(km/4:10)して2時間58分20秒というレースプラン。1分半ほどの余裕はスタートロスと給水ロスにあてます。

静岡マラソンは基本的にフラットなコースですが、高低図によると中間点までゆるやかに下っているので、体力を温存するには好都合。
1

海沿いエリアでの風向きによって結果に影響がありそうです。もし追い風なら身を任せてペースアップしますし、向かい風ならペースが落ちないよう気合いを見せるまで。
2
地図引用:静岡マラソン公式サイト

恵みの雨に期待した方がいいかも

一番気がかりなのが週末の静岡県の天気予報。
3
予報では雨ですが、晴れない大会と聞いていたのでそこは期待してません(笑。
それよりも気温が気になるところで、最高気温が14~22度っていくらなんでも上がりすぎじゃない??おそらく日中は20度越えてくるでしょうから、完全に初夏の陽気。。
運営側には悪いですが、こうなると恵みの雨が降ってくれることを祈るばかり。

自作ペースタットを活用

毎回レースプランは立てますが、秒単位でここまで細かくプランを作ったのは初めて。今回はAブロックスタートなので、最初からきっちりペースを維持できると思います。ただ、今の走力から考えると、ゴールタイムをギリギリサブ3にもっていきたいところ。
そこで、数秒に泣かないように今回はペースタットを使います。
既成品はイーブンペースしかないので、タトゥシールを使ってこんなの作ってみました。
2016-03-03 00.34.25
雨に濡れたぐらいでは剥がれませんが、汗には弱いみたいなのでどうだろ。

https://its-there.com/originalpacetat-6512.html

とにかく前半はkm/4:15よりも上げることのないよう抑えて、エネルギーを温存します。間違ってもkm/3分台なんて出すことのないように。

静岡マラソンまで、あと5日。

Pocket

↓ ランキングに参加中、応援クリックしてもらえると励みになります!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)