トラックでスピード練習

気持よく晴れた日曜日、区民陸上大会に出場しました。
中学生や高校生も走っています。陸上部の彼らは当然ながら早いのなんの。
競技は年代ごとなのでさすがに高校生と走ることはありません。

まずは1500m走。
図2

かれこれ20年ぶりに1500mを走りましたが、これがとても難しい。前半で突っ込みすぎると後半息が続かない。走り方もペースも普段の走りとは全然違います。早い人は4分台なので遅すぎ。400mトラックで危うく周回遅れにされるとこでした。
驚いたのが、走り終えると咳が止まらなくなること。これは短距離を走り慣れていないと喉がダメージを受けて咳が出るんだそうです。

続いて5000m走。
図3
1km/4分ペースで行くつもりがずるずる後退・・・日差しもきつく30度以上あったのでそれを理由にしときます。

トラックは普段の練習とは別物でした。瞬発力で一気にトップスピードまで持っていってそのままゴール。インターバルでもここまで出しきることはありません。その日の晩には普段痛くならない太ももが筋肉痛になったので、まだまだスピード練習が足りていないことを実感。

普段ほとんどすることのない全力疾走はケガをしないか心配でした。
幸い、いためていた右ふくらはぎも問題が出ることはなく、今日はいいスピード練習ができました。
2014-09-28 12.14.39

アクアラインマラソンまであと21日。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)