Garminユーザーの体重管理はこれで十分ではないでしょうか?
スマートスケールとGarminconnectの接続方法

体重管理をしているランナーが周りに結構います。ダイエット目的で走っている人はもちろん、大会当日をベストな状態で臨むべく調整する人も。ランナーと体重の関係でよく耳にするのが、1kg重くなると3分遅くなるという話。聞くたびにそんなに影響あるか??と疑問を感じていますが、程度の差はあれど体重増がマイナス効果なのは間違いないでしょう。

サブ3目前になって感じるのが、以前のようにグイグイとタイムが縮まないということ。ランニングフォームやトレーニングメニューの改善、もしかしたら筋トレなんかが必要なのかと思ったり。ここから先は細かなことの積み重ねのような気がしています。そこで体重もその要素一つだと思い軽視せずに管理してみようと思い立ちました。レコーディングダイエットなんて言葉がありますが、体重を記録するだけでもけっこう効果あるはず。増加傾向にあるときはごはん半分で抑えるとかね。

そこでGaminconnectを使っている人におすすめしたい、とても安価な体重管理方法をご紹介します。※iOS6.1以上のiPhone,iPodtouch,iPadのいずれかが必要です。Androidだけでは実現できないのでご注意を。

Gamin純正の体重計は高すぎる

Gaminから販売されているスマートスケール。体重だけでなくBMI、体脂肪率、水分率、筋肉量、骨量など幅広いデータを管理することができます。体重計がWiFiでネットにつながっているので、体重計に乗るだけですべての情報が自動でガーミンコネクトに送られるというのは便利です。ただ、この商品は日本未発売のせいかアマゾンで並行輸入品が販売されていますが、お値段4万円(2016年9月現在)はさすがにあり得ない。。trekkinなら定価で購入できますが、それでも14,000円と体重だけを管理したい身としてはちょいと割高に感じてしまいます。

調べてみると、測った体重をネットに自動でアップロードするスマートスケールは各社から出ていて、値段も機能もピンキリ。ちなみにオムロンとGarminのスマートスケールを比較すると、Garminは体脂肪率が2~3割高く表示されるなんて情報もあるのでなおさらGarminスマートスケールには食指が動きません。個人的には体重さえ管理できればいいので安いスマートスケールで十分なんです。そこでみつけたのがこちら。このスマートスケールなら3,500円(2016年9月現在)とGarminの十分の一。

1byone 体重・体組成計

dscn2215

体重計とスマートフォンをBluetooth接続。体重計に乗ると専用アプリに自動で体重、BMI、基礎代謝、筋肉量、体脂肪率、推定骨量、体内水分率が記録されます。素晴らしいのが1byoneのアプリはiOSのヘルスキットにデータを送ることができるということ。
スマートスケールで測定した体重はこんな流れでGaminconnectに連携されます。
%e5%9b%b31

さっそく届いたので試してみました。

測定値をGARMINコネクトに自動で送る方法

用意するもの

・1byone 体重・体組成計本体&iOS6.1以上のデバイス
1

【アプリ】
・1byone Wellness
1byone
iOS / Android

・appleヘルスケア
%e3%83%98%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%82%a2
iOS

・My FitnessPal
%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%ab
iOS / Android

・Garmin Connect Mobile
%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%83%8d%e3%82%af%e3%83%88
iOS / Android

各アプリの同期設定

・1byone Wellness
1byone
特に設定は不要です。初回起動時に身長、体重、生年月日を登録するぐらい。
iOSは下記バージョンをサポートしています。
12

・appleヘルスケア
%e3%83%98%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%82%a2
1byone WellnessとMyFitnessPalがインストールされていれば、下記のように両アプリが表示されます。各アプリをタップして詳細画面に入り、データの書き込み、読み込みの許可を設定。必要なのは体重だけですが、面倒なのですべてオンに設定してしまいました。
img_0089

・My FitnessPal
%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%ab
アカウントがない場合は作成後にログイン。
その他→アプリおよびデバイスと進み、appleヘルスキットと接続します。
img_0090

・Garmin Connect
%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%83%8d%e3%82%af%e3%83%88
設定→サードパーティ製アプリよりMyFitnessPalと接続します。ここにApple healthもあるのですが、体重連携はできないようなのでFitnessPasと接続する必要があります。
img_0088

体重測定

あとは1byone Wellnessを起動して体重計に乗ると測定値がすぐにiPhoneに送られます。そして下記の流れでGaminconnectに体重が自動連携されます。9月22日に測定した59kgという数値がすべてのアプリで同期されています。
%e5%9b%b33

気をつけたいのが測定値は一日一回しか同期できないということ。1byone Wellnessとappleヘルスケアは計測した回数分記録されますが、MyFitnessPalはその日の初回測定値だけが記録されるのでGaminconnectも当然1回だけ。朝と晩に測定して記録したいという人はご注意を。

まとめ

初回の設定さえ済ませておけば、以降はアプリを起動して体重計に乗るだけ。Bluetooth経由なのでiPhoneの1byone Wellnessアプリを起動する必要はありますが大した手間ではないかと。体重管理だけでよければこれで十分!レースに向けてしっかり体重管理ができそうです。
とりあえず体重だけ記録しておきたいというGARMINコネクトユーザーには、1byone 体重・体組成計オススメです。

Pocket

5 件のコメント

  • とても見やすいサイトで参考になります!記録オタク?なメタボトライアスリートのMuchoと申します。
    GARMIN connectに連携できる体重計を探していたところ、こちらの記事に行き着きました。
    こちらで紹介されている1byoneはまだ使われていますか?使用感はいかがでしょうか?
    (連携時の待ち・・など特にストレスを感じることはないでしょうか?)

    • Muchoさん

      コメントありがとうございます。
      1byoneもちろん使っていますよ、使い勝手もすこぶる良好です。
      この使い方は3つのアプリを介してGarminconnectに同期するので、反映までに1~2分はかかります。時には5分くらいかかることもあるかな。FitnessPalまではすぐなんですけどね、そこから若干タイムラグはある感じです。
      私は寝起きに体重計の値だけ見て、後はバックグラウンドで勝手にGarminconnectに送られている感じなのでまったく気になりませんが、その辺気にする場合は即座には反映されないと思ってた方がいいです。ご参考までに。

      • 早速のコメントありがとうございます!
        自分も体重管理は毎日一喜一憂ではなく、期間でどうか、が見たいので、よくよく考えると即時反映である必要はないですね。(5分以内でも十分かなと)
        あと気になるのは、Garmin connectは体重だけですが、体脂肪率も連携されるものなのでしょうか??(ナゾ仕様ですね・・)

        • Muchoさん

          残念ながら連携されるのは体重のみです。
          「appleヘルスケア」までは体脂肪率が連携されているのですが、その先の「My FittnessPal」で体重のみになってしまいます。
          究極を望むならやはりGarmin Index SmartScaleになりますね。

          • やはり、Garmin純正品・・になりますか。でもブログ内でも言及されている通り、あまり評判はよろしくないのですよね(^_^;
            そして、地道に減量に励めば、体重と体脂肪率はある程度比例して落ちていくはずなので、体脂肪率の方はたまにでいいかな~とも思えてきました。
            もうちょっと悩んでみます!!貴重なアドバイスありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)