横浜マラソン2015 ~沿道の大歓声がやみつきになる!~

雨だった予報はくもりに変わり、気温6度、無風と絶好のマラソン日和になりました。

7時 みなとみらい

会場の最寄り駅がみなとみらい駅のみなので、日曜の朝7時だというのにランナーで溢れかえってます。
2015-03-15 06.48.24

前日のエキスポ会場は撤去され、巨大な荷物置き場が出現。
2015-03-15 07.26.45

スタート前に給水所があったりとランナーに優しい。横浜マラソンはフルが今年初ですが、ハーフは34年前からある伝統レース。運営はとてもスムーズでした。

8時 整列

スタート30分前に整列して号砲を待ちます。Aブロックはゲートにかなり近く、ロスタイムもほとんどなさそうです。
ただ、どう見ても早そうな格好(体型)ではない方もちらほら。偏見かもしれませんが、勝田でグダグダのスタートを知っているだけに心配。

ちなみにゲストには剛力彩芽が来ていました。やるなあ横浜マラソンと感心しつつ、後方のブロックがスタートラインにたどり着くのはいつになるやら。気の毒な気もします。。

スタート〜10km

号砲とともに沿道の筒からはドライアイスが吹きだすという演出。
案の定スタート地点まではノロノロ。スタート地点に芸能人を配置するというのは、目標タイムで走りたい人にとっては不要ですな。とはいえ、そこに居たら当然見ますけどね、剛力彩芽。
ゲートを越えていざスタート!・・・のはずが、ずいぶんとスローペース??道が狭いというのもありますが、原因は先にスタートした10kmのランナー。やたらとAブロックが多いのはそういう理由かと合点。
10kmレースの後方にいるランナーのため、フルのAブロックとはペースが違いすぎる…どんどんパスしてロスタイムを減らします。
今回はAブロックなのでムリな追い抜きをする必要はないと期待してたんですけどね。残念。

1-5

横浜市街地はそんな混戦状態なので景色を楽しむ余裕など無く。
10kmの選手は山下公園付近でコースが別れます。ようやく開けて自分のペースに。
周りのペースは結構早くて、この辺はさすがAブロック。いつもならつられてついて行っちゃうところですが、勝田で学習しました。流行る気持ちを抑えてkm/4分25秒。我慢我慢。

6-10

11km〜20km

首都高の高架下を進みます。上も下も交通規制で車の走行音は皆無です。ランナーの足音だけが反響する不思議な空間。
ただ、市街地を出てからも沿道の声援は続きます。子供たちのダンスもあれば、楽器演奏もあり。驚いたのがエイドステーションでジャズが流れていて、タキシードを身にまとったバーテンダーがカクテルを配ってる!?残念ながら取りそこねましたが、後で飲んだ人に聞くとおいしかったそうな。もちろんノンアルコール。
この辺りは高架下でコースは地味ですが、走っていて飽きません。

11-20

21km〜30km

前回の勝田ではここから撃沈しましたが、今回は余裕が全然違います。この2ヶ月間は週1で30km走をしたのが確実に効いてます。例えるなら排気量が上がった上に、一つ下のギアで走ってるような感じ。他のランナーを抜かす時に踏み込むと、グンと加速できるので足はまだまだ大丈夫。

首都高に上がる7%の急坂を越えると一気に視界が開けます。ここから10kmは首都高速湾岸線。
心配だった海からの風もほとんどなく、延々と続く高速道路を進みます。遥か彼方にはうっすらとランドマークタワーが見えています。

首都高速を走ってみてわかったのが、正直マラソンのコースとしては走りにくい。緩やかなアップダウンは仕方ないとして、カーブで内側へのバンクがけっこうキツイ。車の速度なら一瞬ですが、足で走っていると結構長いことこのバンクが続くのです。疲労がたまってるところに片側へ負荷を加え続けるので、腸脛靭帯炎にならないかハラハラする。

それと道路のつなぎ目はけっこう隙間があいていて、足をくじきそうで怖い。つなぎ目のたびに毎回歩幅を合わせて飛び越えてました。運営側も安全のために人を立たせて、一部はテープで溝を埋めてました。

21-30

途中二人組のランニングポリスに抜かされました。無線で話しながら、それはもうサクッと。ポテンシャルが違いすぎ(笑

31km〜40km

高速を降りると港の倉庫街。ランナー以外立ち入り禁止と聞いてたのですが、沿道ではマリノスの応援歌や太鼓、爆音テクノと再び賑やかになりました。ちょうど疲れが出てるところなので元気づけられてありがたい。
31-39

残り4kmでラストスパート開始!
シンドイけど足の回転が上げられるという、これまでにはない状態。この場面で次々とランナーをパスできるのは爽快です。いつもは抜かされる側なのでなおさら。

沿道は人で溢れ、両側からは大歓声。東京マラソンや大阪マラソンでは味わうことのできない、まさに横浜マラソンのハイライト!ゴールエリアが閑散とした東京や大阪とは別次元です。大歓声の中、赤レンガを過ぎてパシフィコ横浜を曲がると、フィニッシュゲート。ゲートの先には海が見えて、海へ向かってゴールするという憎い演出。いやはや、このラストは病みつきになりますよ。今まで出た大会の中で一番テンション上がりました。

40-43

結果

タイム(グロス):3時間12分32秒
タイム(ネット):3時間10分10秒

自己ベストを14分短縮。3時間10分切りが目標だったので惜しくも10秒届かず。とはいえ予定通りのレース運びができたので大満足。これでサブ3に王手がかかりました。
これぐらいのタイムならそこそこ早い部類には入れたでしょうか。ゴール後、手荷物預かり所へ行くと、スタート前の人混みが嘘のようにガランとしてました。走り始めて3年、ようやくここまでたどり着いた。
レース後のコーラも今日は格別。
2015-03-15 12.00.36

値段が高いと不評の横浜マラソンですが、個人的にはまた走りたいと思いました。街全体で盛り上げる姿勢、ランナーのことを考えた運営がとても良かったです。
願わくばフルがスタートした後で10kmをスタートにして欲しいところですが、その辺は今後改善されていくことでしょう。
2015-03-15 12.30.55

今シーズンのフルはこれにて終了。
来シーズンはサブ3狙います!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)