「攣り」の恐怖と隣り合わせの後半戦
第52回青梅マラソンレースレポ<後編>

前回の続き


去年はここから一気にペースアップしてゴールまでに177人抜きというネガティブスプリットでしたが、今年はそんな余裕はまったくナシ。

しばらく急な下りが続くおかげでなんとかkm4分を切るペースで走れていましたが、これだけの急坂ならあと15秒はペースを上げられるはず。今それをしようものなら右ふくらはぎがピクピク疼きだすのでこれ以上はペースを上げられない。ここから先は足に負荷を与えないようにしつついかにペースダウンを抑えられるか。

20㎞通過タイム:1’20’28
区間タイム:19’57

これまでロードでもトレイルでも「攣り」とはほとんど無縁でしたが、ここ最近はよく苦しんでおります。1番の原因は自分の限界を越えた走りをしてるから。これまでレースペースといったらkm/4’15の巡航がお決まりパターン。それをこのところムリしてでもkm/4’00を維持するようにしていまして。当然足は悲鳴を上げるわけで、これが攣りとなって現れる。これでも最初は10kmでピクピクきてたのが、今ではハーフまでなら走れるようになってきたので成長はしてるんです。最終的には42kmをkm/4’00で走りきることができれば晴れてサブ50達成!・・・その道のりはまだまだ長く険しい。

そんなわけで青梅マラソンをこのペースで走り切れるとは最初から思っておりません。ただ、後半下りならひょっとして攣らなかったり?なんて淡い期待もあったんです・・・全然甘い。
下りはなんとか惰性で走れていますが、上りになると途端にふくらはぎが疼きだす。ちょいと地面を蹴ろうものなら ビッキーン! と脳天まで突き抜けるような痛みで完全停止からのピョコンと小ジャンプw

コイツはもうダメだと思われたのか、それまで後ろについてたランナーが横からすっと抜いていくのが切ないのなんの。攣りかかってるランナーの後ろを走るほど危ないことはないのでそれが正解だけど。。

こうなると何がきっかけで攣るかわからないので、淡々と同じ動作の繰り返しに徹します。カメラを取り出そうと腰ベルトに手を伸ばした瞬間、、 ビッキーン!
もうダメ、完全に足が売切れ。。上りでは後ろに迷惑をかけないよう端に寄ってガードレール側をひっそりと。ああ、早くゴールゲートくぐりたい。

25㎞通過タイム:1’41’38
区間タイム:21’10

市街地に入ると少しづつ落ちてくるランナーをひろえるようになってきますが、自分も同様にひろわれてるから±0。沿道から応援してくれる人が増えて颯爽と駆け抜けたい衝動に駆られつつ、ラストスパートはしません(できません)。不思議とペースはkm/4’10前後で決して遅いわけではないものの、足をかばうような走りはもはやフォームもなにもあったもんじゃなくてすごくストレス。

スタートから2時間経過の放送が聞こえ、来年の目標は2時間切りだなあなんてことを考えながら最終カーブ目指します。角を曲がればゴールはもうすぐ。最後の最後で大観衆の前で攣って転げ回ろうものなら来年は仮装道具が必要になるので、ロボットのように淡々と足を動かしながらのゴール。

ゴールタイム:2’02’16
区間タイム:20’38

2時間5分切りを目標にした今年の青梅マラソン。終わってみれば自己ベストを5分近く更新する結果には大満足!過去のタイムを元に換算すると古河はなももはいい記録が狙えそう?

青梅マラソン静岡マラソン
2016年2:10:493:00:42
2017年2:07:122:59:30
2018年2:02:16古河はどうなる?
ただ、過去2年は後半アゲアゲのネガティブスプリットだったのに対して、今回は足が完全に終わったヘロヘロ状態。ここからあと12kmも走れるとは到底思えず、実は去年とそこまで大差ないんじゃないかという気すらしてしまう。あくまでも青梅マラソンは調整レースなので、夢と自信を与えてくれるネガティブスプリットで終えるのがよかったのかもと若干モヤモヤしとります。

ちなみに今回の青梅でハーフの自己ベストを更新したのは素直に喜んでいいのかな??
アップダウンがあり過ぎてこれもよくわかりませんw

再来週の彩湖練(最終回)では20kmタイムトライアルをするので、その仕上がりを見て古河のレースプランを組み立てることにします。

古河はなももマラソンまで、あと3週間。

Pocket











4 件のコメント

  • 初めまして。青梅マラソンお疲れ様でした。私は5~6年応援に行っています。25キロの消防署手間で応援していました。7~8回は参加しています。以前開催されていた埼玉マラソンの後でしたので余り良いタイムでは走れませんでした。100番台でゴールが1回だけあります。古河はなもも頑張って走って下さい。応援しています。

    • k.takaoさん

      コメントありがとうございます。
      25kmの消防署は疲労のピークであり、またゴールを意識させてもくれる応援するには絶好の場所だと思います。
      100番台とはすごいですね、、こちらはようやく200番台なので来年はその域に到達できるよう頑張りたいと思います!

  • 青梅マラソンお疲れ様でした。
    天気に恵まれ、思ったほど風も強く無く、最高のコンディションでしたね。
    昨年に続いて2回目の参加でしたが、kooheyさんがおっしゃる通り、沿道からの声援がとても励みになりました。
    今回は2時間30分切りを目指しましたが、鎧坂(?)あたりで一度攣りそうになり、そこからの失速であと一歩及びませんでした。
    次もkooheyさんと同じく、古河はなももマラソンに参加する予定ですので、そこでネガテイブスプリットの満足行く走りを目指して頑張りたいと思います。

    kooheyさんも忙しい中でブログ更新大変でしょうが、これからも楽しみに待っております。

    • ジム改さん

      あの坂は、、キマスよね。マラソンのコースであそこまで急坂はないので失速は避けられません。
      さいたま国際でサブ4と着実にタイムを伸ばしていますから、フラットな古河はなももは楽しみですね^^
      お互い記録更新めざして頑張りましょう!

      ブログは走るのと同じぐらい自分にとってのライフワーク。
      波はありますがこれからもよろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)