アシックス ライトレーサー TS6(asics LYTERACER TS6)レビュー

今年のメインレースを無事サブ3で終えたのでたまっていたギアをレビュー!第一段はライトレーサーTS6。
よく言えばクセがなく、悪く言えばこれといった特徴のない一足。これが練習では幅広いメニューに対応することができ、自分にとってはこれまでもこれからも練習時のメインシューズ。ライトレーサーは毎年3月に新モデルが登場するので、履いた感じなどを過去モデル(TS5)と比較しながらレビューします。

アシックス ライトレーサーTS6の特徴

優れたフィット性と通気性を発揮する、スピードトレーニングモデル
・かかと部のフィット性を追求したラスト設計。
・アッパー前足部に採用した、通気性とホールド性に優れたメッシュが、屈曲時の足当たりも軽減。
・アウターソールの十字型意匠が、前後左右へのグリップ力を発揮。
・ミッドソールかかと部には高硬度の素材をU字型に搭載し、走行時の安定性を追求。
・部活トレーニングに適した一足。
引用:アシックス公式サイト

ライトレーサーはジョグからインターバルまでそこそこ(可もなく不可もなく)こなせる万能シューズ。メーカーが部活用と言うだけあってアッパーからソールにかけての耐久性も抜群で長く使えるシューズです。今使っているライトレーサーTS5は800kmほど使っていますが、穴があいたりソールが剝がれたりなんてことはもちろん皆無。ライトレーサーには末尾がTS(トレーニングソール)とRS(レーシングソール)の2種類あり、前者は耐久性重視、後者はグリップ重視という位置づけ。

外観

アッパーのメッシュが変更になり、装着部品が減ってシームレスになりました。TS5は小指部分がクリアのビニールで補強されていましたが今回はそれがなくなっています。

ヒールカウンターもシームレス化。メッシュ地の中に模様が描かれていて個人的にはけっこう好き。TS6になってさらに品質が上がりましたね。一昔前はライトレーサー=安っぽいイメージでしたが、今となってはそれを微塵も感じさせません。そんなことない??
アシックスマークも薄いテープとなりシームレス化。

長く使っていると剥がれやすいつま先部分はきっちり縫製してあるので耐久性は問題ないでしょう。ここは前作も同様です。

サイズ:26.0cm 重さ:209g

アッパーの部品が減ったのでもう少し軽くなったかと思いきやそれほどでもなかった。まあ耐久性を考慮するとこのぐらいが妥当な気はします。ライトレーサーはあくまでもトレーニングシューズ。早さだけを追い求めるモデルではありませんから。

ソールはいつものゴムソール。決してグリップ力が高くはないけれど耐久性は文句なし。

前足部:1.8cm

後足部:3.2cm

ヒールカウンター:6.9cm

ライトレーサーTS5とTS6を比較

毎回それほど変化の感じられない(変化されても困るw)ライトレーサーを新旧比較してみます。

アッパー

アッパーがシームレスになってテープ化したのは大きな変更。ここ最近のランニングシューズでは主流の流れで、ライトレーサーにも採用されました。

ヒールカウンター

ヒールもすっきりしました。走った時にブレたりしないといいのですが。

アウターソール

ソールについては全く変化がわからない。TS4とTS5を比較した時も同じことを言ってたので今回も前作同様ということで。

重量

わずかにTS6が軽くなりましたがほとんど誤差です。
TS5:212g TS6:209g  ※どちらもサイズは26.0cm

走行レポート

サイズ感は前作(TS4、TS5)と変わらないので、同サイズを選んでおけば間違いないと思います。
走った感じは安定のライトレーサーで、いい意味でほとんど違いがわからない(笑
アッパーがシームレス化されたことで蹴り出しの時に甲へのあたりはマイルドになりました。冬場で、足もシューズも温まっていない時なんかはこの部分が変に当たって痛みを感じることがあったのでこれは正常進化。すっきりしたヒールカウンターも特にブレたりすることなく問題なし。

700km使用したTS5と履き比べると蹴り出しでは違いがわかりませんが、着地時に差を感じました。おろしたてのTS6はゴムがヘタっていないので当然ながらクッション性がある。対してTS5はけっこう突き上げが強い感じ。この辺はソールの減り具合だけでは判断できないところで、ましてや長いこと履き続けたシューズだと慣れてしまってなおさら。ソールが残っているのにもったいないという意見もありますが、私は700km~800kmぐらいを目安にシューズを交換するようにしています。

1週間前のフルで若干ふくらはぎにダメージが残る中でしたがついついペースアップ。上げた分だけ素直に足が出るクセのない感じがライトレーサーはやっぱりいい。走り終えた後の足へのダメージも大きすぎず少なすぎずで練習効果が活きる一足です。ライトレーサーTS6、またしばらくメインの練習シューズとして活躍してくれることでしょう。

新旧でそこまでの違いはないので、この機会に一つ前のモデルを安く買う手もアリ。ただしゴムも時間が経過するほど硬化してクッション性が失われるので買いだめはほどほどに。

Pocket

12 件のコメント

  • 待ってました!
    期待通りな感じなので購入しようと思います。
    もちろんこのページのリンクから購入しますよ笑

    • 素人ランナーさん

      お待たせしました?(笑
      新モデルもこれまで通りのライトレーサーなのでご安心を。

  • 初めてコメントさせていただいます。いつも楽しく記事を拝見しておりまして、静岡マラソンのサブ3は、私まで嬉しくなってしまいました。おめでとうございます。私はマダマダですが、2年後ぐらいに実現したいです!
    さて、本サイトで1つだけ気になっていることが。。ノギスの使い方が間違っていないでしょうか?ただ、副尺(バーニャ)のところの目盛りが25と表記されているので、もしかしたら特殊なノギスかもしれませんが。。もし間違った指摘ならば無視して下さいませ。
    今後も記事を楽しみにしております。

    • 浜松のランナーさん

      なんと!おっしゃる通りノギスの目盛りを完全に読み違えていました・・・いやはやお恥ずかしい。随分前に買ったミツトヨのノギスでして、これまでよく問題が発生しなかったものだと(発生していた??)驚きです。

      約2.3mm少なく計測していたので過去記事含めて修正しました。
      ご指摘いただきありがとうございます!!

  • ライトレーサーRS5とTS5のレビュー拝見させていただいて、
    今回販売されたTS6を購入させていただきました。
    今季サブ4を2回達成し、来季いよいよ次の目標サブ3.5を目指すうえでは
    個人的には最高のシューズとめぐり逢えたと感激しております。
    かかとのクッション感と蹴りだしの際の母指球あたりの反発力が
    凄くいまの脚力とマッチしています。
    ヒールカップの感触が私が最も愛した靴、
    ウェーブライダー18に似ているところも非常にうれしいです。
    これからも記事楽しみにしております。

    • けんろくさん

      コメントありがとうございます。
      サブ3.5を目指すならライトレーサー最適だと思います。ついでに言うと練習はTS,レースはRSの組み合わせが間違いないかもしれません。ライトレーサーのRSモデルは毎年秋ごろに出るのでまだ未知数ですが、TS6の出来を見る限り心配はしていません。私も今回のTS6はすこぶる合っていて日々の練習で一番よく使っています。

  • 初めまして。
    ライトレーサーTSはいわゆるトレーニングシューズと言う位置付けですがレースで使用するには問題がありますでしょうか?宜しくお願い致します。

    • TEGさん

      トレーニング用というのは耐久性を重視してのことなので、レースでの使用はまったく問題ありませんよ。普段練習に使っている履きなれたシューズでレースに臨むランナーはたくさんいますので。私の場合はここ一番の時はターサーなどの軽くてグリップがいい(耐久性は劣る)シューズを使います。

      TEGさんが出られるレースで何を目標にしているかで使うシューズは変わってくると思います。完走が目標なら履きなれたシューズの方がトラブルの可能性は減りますし、記録が目標なら更に軽くてグリップするシューズの方が結果は出やすいといった感じ。ただし、記録狙いの場合も自分のレベルに合ったシューズ選びは重要です。

      最後に、シューズは消耗品だということも大事な要素。
      グリップ、反発性、クッション性は新品時が最もパフォーマンスが高く、そこから徐々にヘタってきます。ライトレーサーTSモデルは耐久性が高いので摩耗が少なく長く履けるのですが、パフォーマンスは確実に落ちていきます。練習用とレース用で同じシューズを2足用意するという方法もありますのでご参考までに。

      • とても丁寧で分かりやすく、大変参考になりました。
        ありがとうございました。
        秋に出る?RSが楽しみです。

  • はじめまして
    3時間15分切りを目指してる者です。
    ベストは3時間20分です。
    練習もレースもライトレーサー1本でやってきました。
    つぎの本命レース(2週間後)向けに、ターサージール5を手に入れましたが、ライトレーサーに比べていっきに軽くなったので、自分の脚力で耐えられるか不安を覚えました。
    3時間15分切りを目指すレベルなら、ライトレーサーとターサージール5どちらが相応しいでしょうか?

    • さえこさん

      はじめまして、コメントありがとうございます。
      どちらも3時間15分切りを狙えるシューズですが、ターサージール5の方が軽くてグリップも反発力も高いので早く走るには有利です。反面、足の疲労とダメージは確実に増すので後半失速する可能性も。特に真夏は発汗量も多く後半何が起こるかわかりませんので。

      ここは無難にライトレーサーで行きましょうとアドバイスするべきなんでしょうけど、1秒でもタイムを縮めたいというさえこさんの気持ちもすごくわかる。
      そこで、ここまでの練習タイムから自信を持ってレースに臨めるなら履きなれたライトレーサー(TSではなくRSがオススメ)。今のままでは目標に届かなそうなのでなにか起爆剤をと感じているならターサージール5を投入されてはいかがでしょうか。今年からフライトフォームが使われているので着地の衝撃はかなり緩和されており、3時間20分で走られているならターサージール5という選択肢は十分アリだと思います。レース前なので疲労がたまらない程度には履きなれておくことをおすすめします。

      どちらを選択しても何かしら得るものはあります。
      本命レースでいい走りができますことを!

  • アドバイスありがとうございます。
    とても参考になりました。
    今回は手堅くライトレーサーでのぞむことにしました。
    目標をクリアしたらターサージール5にステップアップします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)