第9回美ヶ原トレイルラン レースレポ<その1>

今シーズンのトレイルレースはどれも空回り続きで、何をどうしたら記録につながるかわからず迷走してました。なまじマラソンの調子がよかったのも変な自信を持ってしまった要因。今回またリタイアしようものなら完全に自信を失う・・・DNFの亡霊に怯えつつ、いざレースが始まったらそんなの忘れて楽しんだ美ヶ原トレイル。結果オーライのレース模様を振り返ります。


レースDATA

inov-8 CUP 第9回美ヶ原トレイルラン

開催日時 2019年6月29日(土)4時スタート
場所 長野県長和町 美ヶ原高原
距離/人数 80km/700名 ※90km/80km/45km/15kmが同日開催
累積標高差 3,980m+
制限時間 16時間
URL 公式サイト

コース


出展:公式サイト

ブリーフィング


前日受付が必須なので金曜日は会社を休んでの遠征。東京からだと中央道、上信越道どちらで行っても大差なくて3時間ほど。どんより梅雨空で過去大会を見ても毎回似たような天気。晴れたら絶景なんでしょうけど、この時期のレースにそこは期待してません。むしろ直前に台風情報が入ったので、無事開催してくれたことに感謝。

体育館でコースディレクター田中ゆうじん氏による競技説明会。80kmで累積4,000m弱はそこそこ走れるコースかな。牧場にいる牛を触ると疫病に感染するから触っちゃダメよとか、アルパカが唾飛ばしてくるから要注意とかw 気をつけます。

いつもは関門ごとに到着予定時刻を決めてプランニングするんですが、このレースはチップ計測が2箇所しかないので過去のリザルトを見てもいまいち計画が立てづらい。そこで密かに目標としたのが星野由香里選手。昨年台湾で走ったフォルモサトレイル(104km)では50km付近で星野さんに追いつかれ、途中まで談笑しながら走ってたら上りであっさりサヨナラ。。そんな星野さんと半年ぶりに同じレースを走れるので、序盤、もとい50kmまで後ろについて引いてもらう作戦!100マイルは足元に及ばないけど、80kmならうまくいけばいい勝負ができるかもしれない。

競技説明会後に西田由香里さんの追悼報告会が行われました。山に入る人はぜひ知ってもらいたい内容なので、ここは最後にご紹介します。

前日受付に加えて前泊を推奨。ご親切に駐車場は選手受付後に閉鎖されるのでここで車中泊はできません。周辺に宿泊施設はたくさんあるんですが、ここで選手は一人あたり3,000円割引きしてもらえる地元も選手もハッピーなとてもいい仕組み。今回選んだお宿はペンションではなく会場から15分ほどにあるオートキャンプ場。数時間寝るだけだし、足を伸ばせればそれで十分。一泊4千円が3千円の補助で千円ポッキリ。

一人ゆったり本を読んで過ごす優雅な時間。

今回泊まったキャンプ場:ミヤシタヒルズ オートキャンプ場
トイレもシャワーもキレイで、コンビニまで車で5分と高立地。幹線道路から近いので深夜でも車の走る音が聞こえます。音に敏感な人はテントを張らず車中泊orコテージがいいかもしれません。

レース当日朝

時刻は3時半。夜明け前の暗さのなか、会場だけ異彩を放っていた。

ヘッドライトやジェルなど装備品の最終チェック。軽量化を考えてほぼ必携品のみだけど、1区間だけ水切れ必至なところがあると聞いてたので予備のボトルも忘れずに。整列は先頭と真ん中のちょうど間ぐらい。スタートしてすぐゲレンデ直登なので、このぐらいからスタートがちょうどいい。

今日の目標は、突っ込みすぎない、競わない、40kmまで抑えて走る!
さあいよいよレーススタート。

第9回美ヶ原トレイルラン レースレポ<その2>

Pocket











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)