別大チャレンジ2021 レースレポ

無事走りきりました、別大チャレンジ2021。
目標だった2時間50分切りには遠く及ばなかったけど、今の実力は出し切れたと納得はしています。そんなバーチャルマラソンの模様をどぞ。


別大チャレンジ20201

エントリーしていた大会はすべて中止になり、残ったのが今回の別大チャレンジ2021。

開催期間:2021(令和3)年1月30日(土)0:00~2月28日(日)23:59
実施方式:大会期間中に累計42.195㌔以上を走破する指定距離走破方式。期間中、参加者は自分が好きな場所で好きな時間に、何回に分けても42.195㌔以上を走り切れば「完走」とします。

2月21日(日)に本番を走ると決めて練習を積んできました。いつものように草レースを使った追込みの記録はこんな感じ。

2021年2月7日
30km/2:03:38(4:04/km)

2021年2月13日
ハーフ/1:24:39(4:00/km)

2021年2月17日
10km/0:39:20(3:56/km)

自己ベストの2時間49分を記録したのが2019年。当時とほぼ同じ練習メニューを行ってきて、タイムはその時よりも若干遅いくらい。これならサブ50も射程圏内と考え、目標タイムは2時間50分切り。

バーチャルレース当日

別大バーチャルを走ると決めた時に、友人2人(トレランのお師匠Kさんと、クドーちゃん)に声をかけました。春の大会が中止になってみんな目標を求めていたようで誘ったらすぐに乗ってきてくれた。

何時にどこを走ろうと自由なので、今回選んだのは彩湖。ほぼフラットな土手上の道で片道4kmを行ったり来たり。

Kお師匠の準備は完璧で、私設エイドもバッチリ。

見通しのいい道は走っていて気持ちがよく、そして日差しは強烈だった。。

結果

今日は気温が高くレース運びに悩みましたが、こういう日にネガティブスプリットをできた試しがないので前半から上げて(キロ4)いくことに。

その結果。

タイム:2時間55分3秒(4:09/km)

最初が最速、最後が最遅のキレイな右肩下がり・・・笑。前半の貯金を減らし続けながらもかろうじてサブ3ペースを維持してましたが、それも37kmまで。心拍数が上げられず、足の回転も落ち続け、ラスト2kmは4:25/kmまでペースダウンしていたのでギリギリでした。Kお師匠は予定通りハーフで終了し、クドーちゃんは暑さでDNF。そこからは2人に声援をもらいながら一人淡々と土手を走り続ける修行(苦行!)。
なんとかサブ3は死守したけど、ペースを下げ続けての結果なのでモヤモヤ。同時に、今日の陽気でこれまでの練習内容を鑑みると頑張ったのかなとも。昨年5月に一人フルマラソンをした時は3時間40分かけていたことを思えば十分すぎる結果。

完走証

レース後、走ったログを登録すると動画完走証がもらえます。

実際の別大ルートをログ通りに進んでて、まるでホントに大分を走ったかのような臨場感。目標タイム(2時間50分)のゴーストを一生懸命追いかけてる姿は見てて応援したくなる。ちなみにUTMFでもこれと同じ動画をもらいましたが、今回のはたった3時間なので尺がめちゃくちゃ短い。

今年は大会が開催されると願っていますが、もしまた同じような事になってもバーチャルマラソンでモチベーションは維持できるということがわかりました。でも、レースはやっぱりリアルの方が100倍いいなとも。

Pocket











2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です