2019年振り返り 走ったレースとケガの具合など

皆さんお元気ですか?僕は元気です。
8月に疲労骨折と診断され、毎月400km近く走るのが当たり前だった人間がほとんど走らなく(走れなく)なって4か月。そんな後半大失速した1年もまもなく終わってしまうので、今年走ったレースとケガの具合などを紹介しつつ2019年を振り返ってみます。


2019年出走レース

2月24日 静岡マラソン2019


サブ50目指して年末から毎週のように草レースを使った追い込み練習。これが功を奏してサブ50達成!
記録:2時間49分00秒 (自己ベスト更新)

3月17日 板橋シティマラソン2019


うまく疲労が抜ければ記録更新なんて下心もありましたが、残念ながら今シーズンの旬は終わってたようで後半失速。それでも2時間台に収まってはいたので、サブ3が特別ではなくなってきた時期。
記録:2時間56分44秒

3月31日 ハセツネ30K


ひたすら行列に並び続け。。本戦エントリー権は得たものの秋はコウミにエントリー。

総合:200番台

4月7日 青梅高水山トレイル


前日追い込んでからの足でよく頑張ったほう。
総合:29位

4月21日 第29回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン


目標のサブ9達成ならず。ヴェイパーフライ4%で100㎞はムリがあったかな。
記録:10時間40分

5月11日 第4回トレニックワールド 100mile in 彩の国


初めてのDNFを経験。反省だらけの内容で来年絶対リベンジを誓う。
記録:DNF

6月28日 第9回美ヶ原トレイルラン


今年一番の走りでトレランを最高潮に楽しんでいた時期。そしてこの日を境に深い深い穴に落ちてゆく・・・。
総合:15位 年代別:3位

7月13日 分水嶺トレイル2019


トレイルレースとは毛色が違うけど、濃密すぎる3日間に終わった後しばらく分水嶺ロス。

7月26日 第72回 富士登山競走


天候不良のため5合目打ち切りでしたが、馬返しから左足が痛みだして3合目からはずっと歩き。もし打ち切りではなかったとしても5合目でDNFしていたと思います。レース後まともに歩けないほど左足に激痛がはしり、おそらくこれがとどめをさしたような。
記録:2時間2分58秒

2019年の目標達成状況

年始に立てた目標を振り返ってみるとこんな感じ。
フルマラソン:サブ50 → 達成!
ウルトラマラソン:サブ9 → 未達
彩の国100mile:総合入賞 → 未達
分水嶺トレイル:出走&完走 → 達成!
ハセツネ:サブ10 → 未達

悔しかったのは彩の国100mileで、レースマネジメント能力不足をとことん味わいました。このまま終わることは絶対にできないレース。

疲労骨折と診断

レースもひと段落したので、美ケ原トレイルで痛み出した足を診てもらいに整形外科へ。レントゲンで異常が見られないのでMRIを撮ったらまさかの中足骨が疲労骨折していると。オーバーワークと言われ、たかだか月間350kmぐらいで疲労骨折するのかと耳を疑いました。

MRI検査したらまさかの疲労骨折 原因や失敗を振り返る

ここから長く出口の見えないトンネルの始まり。

8月下旬 リハビリ開始

まずは3週間一切走らないようにとドクターストップがかかり、故障の原因を治すためにフォームや片足立ちを見てもらってリハビリを開始。

9月中旬 ステロイド注射

完全ランオフ3週間後にランニング再開。km/6分ぐらいで走ってみると左足がうずきだしたので痛みだす前に中止。完治していないことを告げ、患部にステロイド注射をしてもらいます。ランオフ2週間追加。。

9月下旬 ランニング再開 → 中止

満を持して2週間ぶりのジョグ(km/6分×10km)は違和感もでなくて一安心。翌朝は両太ももが筋肉痛で筋力が相当落ちていることを実感。なんにせよ走れることに感謝して徐々に負荷を上げていこうと思っていた矢先、違和感が出てしまい再びランオフ。

10月上旬 病院変更

病院から「安静に」というアドバイスしかもらえないので、藁を掴む思いでMRIのデータが入ったCDを手にランニング障害に詳しい先生のいる別の病院を受診。結果はやはり患部がまだ炎症起こしてるそうで、押して痛まなくなるまでは走らない方がいいと言われました。そこでの診断は骨挫傷(骨折に至らない程度で骨の内部が傷ついている状態)で、とにかく足を使わない意外にできることはないと。年内は一切走らない方がいいよとまで言われてしまった。。

10月中旬 すべてを白紙に

これまでのケガなら2週間もすれば大抵治っていたので足に不安があっても気にせず大会にエントリーしていましたが、今回は2ヶ月以上休んでも回復の目処がまったく立たない状態。来年2月は夢の舞台(別大)へ行くつもりでしたが、エントリーフォームを入力して最後の申し込みボタンを押すというところで手が止まりそっと画面を閉じ。その数日後、京都マラソンの当選通知が届いたけれどそれも見送り。

11月 走らないことが日常に

初期のころは走れないことへの焦りから熱心にリハビリに精を出していたんですが、さすがに2ヵ月も続けて良くならないとモチベーションも続かず。病院は5つぐらい行きましたが、共通して言われるのが骨は治ってるけど骨挫傷で痛みが出てるから完治には時間がかかると。
走りたい → 走る → 痛い → 休むを延々と繰り返しているうちにだんだん「走る」ことへの熱が冷めてきてしまい、このころには「走らない」が日常になっていました。ストレスから解放されるための人間に備わってる本能なんじゃないかとすら思う。

月間走行距離も一気に減っていて、9月~11月はほとんどトレッドミル。

走れないかわりにロードバイクに乗ってるんですが、昨年同時期と比べるとやっぱり増えている。。
体重:57.8kg → 59.2kg
体脂肪率:6.4% → 8.4%

今年は台風で秋のトレイルレースが軒並み中止。さらにエントリーしていた香港のレースも情勢不安で中止が相次ぐなか、奇跡的に開催されたHK168。もちろんこの足で走れるはずもなく、スタートを見送ってから中国旅行してきましたw

現在の具合

たまにしか走らない生活を送りつつ、また走りたいという気持ちはもちろんあります。なのでここ2週間ほどインソールを使ったフォーム矯正を行ってまして、サブ4ペースで10kmぐらいまで走れるようになってきました。これが突破口になることを信じて継続します。

走るモチベーションと更新頻度がリンクしているのでしばしブログもお休みしていましたが、来年はサポートで東京マラソンを走るし、100マイルにも出るつもりなので更新を再開します!フルマラソンはサブ3.5ぐらいからの出直しになりそうですが、長いランニング人生こんなこともあるさと気長に取り組んでいくつもり。

そんなわけで来年もたまに見にきてやってくださいな。
それではよいお年を!

Pocket











2 件のコメント

  • kooheyさん

    ついにブログ再開待ち望んでおりました。
    生存確認、もとい元気なお姿に一安心です。

    おそらくこれからも続くであろう、山谷のマラソン人生です。復帰戦からの再チャレンジにも大いに期待しています。

    私も50歳目前ですが、更なる高みを目指して励んでいきます(今月二年振りに十数秒ながらフルPB更新しました)。

    では良いお年をお迎えください。

    • いぶてつさん

      たいへんご無沙汰しています^^;
      走歴20年以上のいぶてつさんからいただく山谷のメッセージ、ありがたく受け止めます。
      まだ出口がうっすら見えてきたかなという感じですが、こうなって学べたこともたくさんあるのでこれを糧に再チャレンジします!

      マラソン&人生の先輩として走り続ける姿がこちらも励みになります。
      今年もよろしくお願いします。

  • koohey へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です